「大相撲一月場所十一日目観戦記」

「J  REPORT 2021 1月第5週号」
「リタイアメント・ノート 11年7ヶ月目」
「VOL.1196 SINCE AUG.12th、1983」
「大相撲一月場所十一日目観戦記」
昨年の十一月場所は生憎心房細動で入院中のため、4S会のスーさんたちに代わりに行ってもらったが、今回は無事に観戦することが出来た。(写真:B1)
(写真:B2)
しかし、何と17名もの休場者が出ている状況ではプロとしての自覚に欠けているとしか思えない。(写真:B3)
今場所は横綱へのチャンスがあった貴景勝が序盤で負け続け、来場所は角番になる。押し相撲の弱さを示してしまったのか。
中入り後の東方力士土俵入り。(写真:B4)
(写真:B5)
西方力士土俵入り(写真:B6)
(写真:B7)
(写真:B8)
取り組みは進み、照強の登場だ。彼は兎に角多量の塩を撒くので人気がある。土俵屋根にまで届くかという塩だ。(写真:B9)
そして前半戦を終え、勝負審判の交代だ。(写真:B10)
それでは場内はどうなっているのか、観てみよう。桝席は2人しか入れていないが、緊急事態宣言後新たなチケットの販売を止めたため、凡そ6-7割の入りだろう。(写真:B11)
(写真:B12)
(写真:B13)
(写真:B14)
日の丸も寂しそうだ。(写真:B15)
阿武咲VS大栄翔、(写真:B16)
一人一敗でトップを走る大栄翔。(写真:B17)
立ち合い。(写真:B18)
しかし、土俵際肩透かしを食い、大栄翔の負け、2敗となる。(写真:B19)
栃ノ心VS御嶽海。(写真:B20)
大関経験者の栃ノ心だが、怪我の影響もあるのか押し切れない。(写真:B21)
結局、御嶽海の勝ち。(写真:B22)
高安VS遠藤。人気者の遠藤だが、ここ数場所前頭の上位をうろうろしている。(写真:B23)
(写真:B24)
(写真:B25)
立ち合いだ。(写真:B26)
押し合い。(写真:B27)
(写真:B28)
あっ、肩透かしで高安の勝ち。(写真:B29)
照ノ富士VS玉鷲。(写真:B30)
(写真:B32)
(写真:B33)
(写真:B34)
やっと照ノ富士が勝った。(写真:B36)
朝乃山は今日勝てば勝ち越しで大関の座は安泰だ。朝乃山VS隆の勝。(写真:B37)
(写真:B38)
(写真:B39)
(写真:B40)
叩き込みで朝乃山の勝ち。(写真:B41)
中入り後の勝敗表だ。(写真:B42)
さあ、結びの一番だ。隠岐の海VS正代。(写真:B43)
正代は2敗で大栄翔を追っているが、既に大栄翔は2敗となっている。このまま勝ち進めるか?(写真:B44)
(写真:B45)
さあ立ち合いだ。(写真:B46)
正代が押し込む。(写真:B47)
だが、土俵際の際どい勝負となり、行司軍配は隠岐の海に上がる。(写真:B48)
しかし、物言いが付く。行事判定は正代の足が速く出たと見たが、結果は同体ということで取り直し。(写真:B49)
正代は救われた。再度の仕切り直し。(写真:B50)
(写真:B51)
(写真:B52)
互いに投げを打ち合う。(写真:B53)
再び土俵の中央へ。(写真:B54)
隠岐の海が正代を押し込む。(写真:B55)
どさっと倒れ込む両者。行司は再び隠岐の海の勝ちを宣言する。しかし、再びの物言い。結果は?
驚きの行司差し違えで、隠岐の海の足が先に出ていたという「勇み足」ということで正代が勝ちを拾う。2度死に体からの復活だった。(写真:B56)
(写真:B57)
最後の最後が面白かった大相撲でした。
これで優勝の行方は二敗同士の争いになった。
「八卦良い、残った、残った」という行司の掛け声だが、「八卦」とは占いの八卦で、「占いの卦が良いから頑張れ、まだまだ残っているから頑張れ」という意味らしい。

「今週の映画と本」

「今週の映画と本」
「キング・オブ・シーブス」(TC日比谷にて)私的評価眼★★★(今年5作品目)
イギリスで実際に起きた犯罪。5人の年寄泥棒に若手が加わって、イースター休暇の連休を狙って銀行の地下金庫を襲った。1400万ポンドの現金や金塊や宝石が奪われたが、警察の監視カメラの捜査から彼らの犯行だと判明する。しかし一人だけ若手は逃れた。

1月22日付日経新聞の「シネマ万華鏡」の映画評価は、「羊飼いと風船」が4つ星、「KCIA 南山の部長たち」が4つ星、「どん底作家の人生に幸あれ」が4つ星、「いつか、どこかで」が3つ星、「出檀(カミングアウト」が3つ星、「さんかく窓の外側あ夜」が2つ星、「ウォーデン 消えた死刑囚」が3つ星でした。

「私の2020年の映画の評価は?」あくまで私の私感ですからね!! 映画鑑賞は127本でした。
★★★★★=「ジョジョ・ラビット」「リチャード・ジュエル」「九人の翻訳家」「ナイブス・アウト」「男と女 人生最高の日々」「黒い司法」「ジュディ 虹の彼方へ」「パブリック」「シチリアーノ 裏切りの美学」「スペシャルズ」「TENET」「異端の鳥」「スパイの妻」

「2020 観劇シリーズ」 2020年の歌舞伎観劇は6度でした。
1月の初春海老蔵歌舞伎(新橋演舞場)を観劇しました。

「2021年大相撲観戦シリーズ」2020年の大相撲観戦は2場所でした。
1月場所の11日目の桝席チケットをゲットしています。

「2021年旅暦」
1月に米沢に。

「2021 本の記憶シリーズ」  2020年の読書数は、364冊でした。
「抵抗」(上田 秀人 著)光文社文庫 私的批評眼★★★★(今年18冊目)「惣目付臨検仕る」シリーズ第1弾

「海の牙」(和久田 正明 著)光文社文庫 私的批評眼★★★★(今年19冊目)「八丁堀つむじ風」シリーズ第10弾

「旅路の果てに」(喜安 幸夫 著)光文社文庫 私的批評眼★★★★★(今年20冊目)「大江戸木戸番始末」シリーズ第14弾、本シリーズ完結

「百年の仇」(井川 香四郎 著)光文社文庫 私的批評眼★★★★(今年21冊目)「くらがり同心裁許帳」シリーズ第1弾

「空蝉ノ念」(佐伯 泰英 著)文春文庫 私的批評眼★★★(今年22冊目)「決定版・居眠り磐音」シリーズ第45弾

「弓張ノ月」(佐伯 泰英 著)文春文庫 私的批評眼★★★(今年23冊目)「決定版・居眠り磐音」シリーズ第46弾

「桃と桜」(知野 みさき 著)講談社文庫 私的批評眼★★★(今年24冊目)「江戸は浅草」シリーズ第3弾

「新潟の旅」

「旅暦96」「新潟の旅」
本来ならば蕎麦の旅だったのだが、蕎麦は塩分が高いので方針変更した。上越新幹線で向かう。まず秩父の山々が見える。(写真:A1)
この辺りには雪は全くない。高崎観音だ。(写真:A2)
上州の山だ。(写真:A3)
トンネルを抜けるとそこは雪国だった。越後湯沢だ。(写真:A4)
(写真:A5)
上越国境を越えて、新潟平野に入る。(写真:A6)
ここからは間違いなく雪国。長岡だ。(写真:A7)
平年より雪深いのだろう。新潟駅に着いた。こちらは雨模様だ。(写真:A8)
街中に出ようと思ったのだが、雨も降っていて出る気にならなかった。駅は現在工事中で仮設の施設ばかりだった。(写真:A9)
新潟には数年前に瓢湖の白鳥を3S会で観に来て以来だ。
新入社員の頃、仙台勤務時に毎月新潟でメーカーの会議があり、一人で訪れていた。米沢から米坂線だったり、磐越西線経由だったりとルートは違っても、新潟には毎月行った記憶がある。冬の新潟で連合赤軍が立てこもった事件をテレビで観たこともあった。
そんな新潟だが、江戸時代には北前船の寄港地としても栄えた。北の海で採れた鰯や、鰊や昆布などの干し物を俵物と称し、また米などと一緒に日本海から瀬戸内へ、そして江戸へと運ばれた。鰯は干鰯として江戸で魚油を絞られ残りが肥料として売られた。他の品は清国との貿易にも用いられた。そんな北前船の栄えを支えた港町新潟。今は日本海側最大の都市でもある。因みに新潟人はラーメンが物凄く好きだ。
そしてトンボ帰りで東京に戻ってきたのでした。雪を久しぶりに見ました。

「神奈川会、遂に一時休会に」

「江戸の庶民の生活は楽だったか?92」
「長命寺の由来」
三代将軍家光が鷹狩りの帰りに病になったが、この寺の井戸水で薬を飲んで治ったところから、その水は長命水となつけられ、寺の名になったと言い伝えられている。

「回向院の由来」
国豊山無縁寺回向院という浄土宗の寺。芝増上寺の末寺に当たる。明暦3年(1657)の大火で十万人以上の死焼死者を出し、それを弔うために塚を築いて寺院を建立したのが始まりだ。以来、回向院は無縁の死者や行路病者、事件、事故の死者などを引き取る寺となる。「鼠小僧次郎吉」の墓があり、縁起を担いでその墓石は削られている。

「神奈川会、遂に一時休会に」
昨年の緊急事態宣言下でも開催していた我らが神奈川会。中学の同級生の集まりだが、遂に2021年1月の会は休止に追い込まれてしまった。理由は簡単なこと。コロナの影響で出された2度目の緊急事態宣言で店も遂に休業してしまったからだ。4名は今月も集まる予定でいたのだが、開催予定の店が休業では仕方がない。2月には是非店を再開してもらいたいものだ。巣籠もいい加減にして欲しい。

「たかな畜産 人形町店」

「手前勝手世界食物語、第580話」
「たなか畜産 人形町店」
9月末に1週間休業し、再開したら内外装ともに変わってなかったが、店の名前だけ変わったと一度ご紹介した店だ。その後ほぼ毎週通っている。緊急事態で現在は平日や店を休み、土日のみの営業だ。(写真:S1)
勿論アルコールは7時まで、閉店も8時となっている。
その日も肉を食べた。(写真:S2)
生野菜も食べる。(写真:S3)
このバランスが必要だろう。ハラミと赤身の肉だ。(写真:S4)
最近焼き肉の人気が高まっているという。理由は換気の良さだとか。確かに焼き肉の場合、煙は直ぐに火の手元から急速に排気されている。当然コロナの菌も排出されているだろう。だから安全性は高いと言える。
コーンも食べる。(写真:S5)
追加でもう一度肉を頼む。(写真:S6)
満腹です。満足でした。また来週ね。
以上、寒さ厳しい東京から勢古口がお送りしました。

「初春 海老蔵歌舞伎」

「J  REPORT 2021 1月第33週号」
「リタイアメント・ノート 11年7ヶ月目」
「VOL.1195 SINCE AUG.12th、1983」

「初春 海老蔵歌舞伎」
新橋演舞場で海老蔵一家の歌舞伎を観た。(写真:A1)
(写真:A3)
第一部「春調娘七福」

第二部「毛抜」 歌舞伎十八番の一つ。粂寺弾正(十一代目・市川海老蔵)が主君の命を受けて嫁になるはずの姫を訪ねる。すると姫の髪の毛が逆立ち、とても嫁入りなどできないことを知る。そこで何故か?謎解きに挑む弾正。天井裏に忍んでいたネズミと磁石を見つけ出すというお話し。(写真:A2)

第三部「藤娘」 藤の精(四代目・市川ぼたん)の舞だ。まだ小学3年生だというが、立派な舞踊だった。拍手拍手。可愛いね。

第四部「橋弁慶」 武蔵坊弁慶(海老蔵)と牛若丸(堀越勧玄)が五条の橋で戦い、主従の関係になる。幼い勧玄君の動きにも関心しますね。流石歌舞伎一家ですね。

初春の歌舞伎もいいもんです。

「今週の映画と本」

「今週の映画と本」
「スタント・ウーマン」(TCシャンテにて)私的評価眼★★★(今年2作品目)
映画の世界でもウーマンパワーは全開だ。もう100年近く実際にスタント・ウーマンはいた。彼女らは男性世界であるスタントの世界でどうやって生き抜くか、実写で観る世界だ。

「チャンシルさんには福が多いね」(HTC有楽町にて)私的評価眼★★★(今年3作品目)
映画監督が急死した。可愛がられていた40歳独身女性のプロデューサーは仕事にあぶれる。彼女が失ったやる気を如何に回復させるのか?彼女にしか見えない幽霊に激励され新たな生き方を求める。

「大コメ騒動」(TC日比谷にて)私的評価眼★★★(今年4作品目)
大正時代に起きた実話。富山の漁港で起きた米騒動を描く。主役は女性たちだった。

1月15日付日経新聞の「シネマ万華鏡」の映画評価は、「聖なる犯罪者」が4つ星、「ジャスト 6.5の証」が4つ星、「パリの調香師 しあわせの香りを探して」が4つ星、「43年後のアイラブユー」が3つ星、「キング・オブ・シーブズ」が3つ星、「越年 LOVERS」が2つ星、「蘇る三大テノール 永遠の歌声」が3つ星でした。

「私の2020年の映画の評価は?」あくまで私の私感ですからね!! 映画鑑賞は127本でした。
★★★★★=「ジョジョ・ラビット」「リチャード・ジュエル」「九人の翻訳家」「ナイブス・アウト」「男と女 人生最高の日々」「黒い司法」「ジュディ 虹の彼方へ」「パブリック」「シチリアーノ 裏切りの美学」「スペシャルズ」「TENET」「異端の鳥」「スパイの妻」

「2020 観劇シリーズ」 2020年の歌舞伎観劇は6度でした。
1月の初春海老蔵歌舞伎(新橋演舞場)を観劇しました。

「2021年大相撲観戦シリーズ」2020年の大相撲観戦は2場所でした。
1月場所の11日目の桝席チケットをゲットしています。

「2021年旅暦」
1月に米沢に。

「2021 本の記憶シリーズ」  2020年の読書数は、364冊でした。
「大奥の縁」(千野 隆司 著)双葉文庫 私的批評眼★★★(今年13冊目)「おれは一万石」シリーズ第15弾

「背もたれ人情」(沖田 正午 著)二見文庫 私的批評眼★★★(今年14冊目)「大江戸けったい長屋」シリーズ第3弾

「逆移!評定所」(早見 俊 著)二見文庫 私的批評眼★★★(今年15冊目)「椿平九郎留守居役秘録」シリーズ第1弾

「乱れ雲」(辻堂 魁 著)祥伝社文庫 私的批評眼★★★★(今年16冊目)「風の市兵衛弐」シリーズ第28弾

「男気」(稲葉 稔 著)光文社文庫 私的批評眼★★★(今年17冊目)「隠密船頭」シリーズ第6弾

「東北・蕎麦の旅」

「旅暦96」「東北・蕎麦の旅」
JR東日本の大人の休日俱楽部パスを利用して、今年も蕎麦の旅を実施した。まずは山形県米沢に向かう。新幹線はがらがらだ。流石不要不急の外出を遠慮しているのだろうか?いつもならばこの切符を利用して多数の方々が旅に出るのだが、状況が違うのだろうか。しかし新幹線は超閑散だから3蜜にはならない。
福島市内に入っても山には雪があるけれど、市内には雪はない。(写真:B1)
米沢に向かうと山深く雪が積もっていた。(写真:B2)
(写真:B3)
米沢盆地には雪がかなり積もっていた。(写真:B4)
大体4-50cmはあろうかという雪。タクシーでいつも行く「粉奈屋 小太郎」に行く。米沢藩御用達の蕎麦屋だ。(写真:B5)
(写真:B6)
頼んだのは「割り子蕎麦」五段重ね。(写真:B7)
出雲蕎麦と同じで小さな器に蕎麦が盛られている。
一番上は「身欠きニシン」(写真:B8))
「鮪」(写真:B9)
「とろろ」(写真:B10)
「なめこ」(写真:B11)
「海老天麩羅」(写真:B12)
こうして上から蕎麦に具材を載せ、付けタレを掛け、次々と下に食べていく訳だ。いやあ、いつもながら美味しい蕎麦だ。満足して駅に戻るが、途中で雪の像を見つけた。(写真:B13)
駅前の風景。(写真:B14)
結構、雪が多いみたいだ。(写真:B15)
お土産に有名な「新杵屋」の駅弁「牛肉どまん中」を買って帰った。(写真:B16)
それで知ったのだが、これまで食べていたのは醤油味だったが、味噌味と塩味があることが分かった。今回は塩味にした。
理由は塩分が一番少ないからでした。

「サムギョプサル専門店 いふう」

「手前勝手世界食物語、第579話」
「サムギョプサル専門店 いふう」
窓からの景色は有楽町駅前のビル群だ。ここは銀座はマロニエゲートビルの11階にある「いふう」だ。韓国料理のサムギョプサルの専門店だ。(写真:S1)
サムギョプサルは豚肉を焼いたもので、スパイスで色々な味付けを出している。主体は豚肉に生野菜だ。焼いた豚肉に生野菜を挟み食べる。(写真:S2)
肉の味付けには「スタンダード」、「ケイジャン」、「トリプル・ペッパー」等々ある。これも食べ放題。(写真:S3)
飲み放題付きでも男性で3500円から4000円だから、銀座としては安いのではないだろうか。(写真:S4)
野菜も食べ放題で追加もOKだ。(写真:S5)
実はこの店にはほぼ一年振りに行ったのでした。いついっても満席で断られていたが、流石この時期には空いていた。
以上、寒さも一層厳しい東京から勢古口がお送りしました。

「心臓のカテーテル・アブレーション」

「J  REPORT 2021 1月第2週号」
「リタイアメント・ノート 11年7ヶ月目」
「VOL.1194 SINCE AUG.12th、1983」
「心臓のカテーテル・アブレーション」
正月4日から「聖路加国際病院」に入院し、即日「心臓のカテーテル・アブレーション」を受けることになった。これは11月の不整脈による心不全による影響解消のためだった。午前11時に入院手続きし、12時に入院した。過去、聖路加国際病院への入院歴を述べると、
1998年の水虫からの最近による感染症での約10日間の入院
1999年の「1週間入院付き人間ドック(人間ドックなので通常の入院とはちょっと違うが)
2010年の左膝人工関節置換術での2週間入院
2010年のリハビリ中の下痢による脱水症による5日間の緊急入院
2012年の脊柱管狭窄症での2週間入院手術
2020年の不整脈によるうっ血性心不全による5日間の緊急入院
そし2021年今回のカテーテル・アブレーション入院2日間だ。その他も確かあったとは思うが、忘れているものもあるかも知れないが、今は思い出せない。
4日正午12時30分より、造影剤の危険性を弱める点滴を2本注入の処置を行った。続いて腎臓機能を保保護するための点滴注入1本を実施した。
午後1時に手術室入室し、まずは上半身の表と裏にセンサーを沢山付けられた。これはコンピュータにより3Dで心臓を描くことができ、医師はこれを見ながらカテーテルの動きを調整するという。次に右味股付近と首右側部分の2か所に非常に冷たい液体での消毒が行われたが、この冷たい液体が突然猛烈な熱さを以って身体にダメージを与えるかのようだった。兎に角熱さの次が痛さだった。そして点滴による眠り薬が投与されて私は眠りについた。その際も酸素濃度測定と心電図は常時示されていた。
しかし3時間の手術時間中3回も目を覚ましてしまい、3度睡眠薬の追加注入をされた。途中、身体は眠っているのだが、脳は起きている状態が何度もあり、鼾を掻きながら、医師が話しかけるのに返事までしていたのを覚えている。終わりの頃に「ドン」一秒後「ドン」3秒後「ドン」1秒後「ドン」というような打撃音がかなりの時間続いたのに驚いたことがあった。そして気が付くと医師が「置きましたね。無事に終わりましたよ」と言われた。手術後の処置を行い退出し病室に戻ったのが、4時半だった。痛みは全くない。2か所からカテーテルを挿入したのだが、どこにも痛みはない。何とも簡単な手術なのだと思ったのだが、ベッド上での安静が求められ、最初の3時間はベッドは水平で安静に、次の3時間は30度までベッドの傾斜を付けて安静に、更に3時間は60度までベッドを上げて安静に、最後は朝まで角度は自由だが、ベッド上で安静ということで結構きつかった。当日の食事は朝も昼も取っていない。まあ私は一日一食主義だから問題ないのだが、夜食は病室へ戻ってからの3時間後になった。それでも60度の角度でベッド上の食べる食事はこぼしこぼしの状態だった。メニューは食べやすいようにおにぎりが出てきた。主食は「玄米むすび180g」、「ソース半煮込みハンバーグ」「ポテコロコンソメ煮」「いんげんたらこ和え」で624kcal塩一日6gだった。プラス・フルーツ(写真:A1)
玄米は食べ難い。ぼろぼろするし、ハンバーグは汁がこぼれるし、まあ口に入れるだけだった。本日はこれだけです。
ところが夜は昼間に手術中を含めて5時間近く寝ていたので、全く眠くない。結論からすると殆ど徹夜状態をなってしまった。テレビを見て本を読みスマフォでネットを見て時間を潰した。
朝は7時30分にい「心臓血管外科のA医師がやってきて昨日の手術の模様と現状を説明してくれた。まず右足の動脈からと右首の静脈より、2本のカテーテルを挿入し、不整脈を発生させる左心房に繋がる4本の血管にマイナス80度の冷源で一瞬で4本の輪っか状の火傷帯を造った。これが不整脈の発生伝達を未然に役割を果たすというのだ。そしてあのドンドンという音は不整脈を起こす原因がこの火傷を通らないかどうかを判断するための音だったそうだ。私の場合の不整脈の原因はやはりストレスと疲労だろうということで、特にストレスと高血圧が問題だというのだ。私程ストレスがないと自分では思っていたが、何かストレスがあったと判断すべきだったのだろう。今回の処置で不整脈はほぼ起きないと思われるとのことだったので、一安心しよう。不整脈が原因での血栓が脳へ飛び脳血栓や脳梗塞が起きないことが一番望ましいことだからだ。1週間後にまた通院だ。その前に医師の手で足の部分の縫合した皮膚にある糸の抜糸が行われたが、出血等はなかった。
朝食が運ばれてきた。主食は「玄米ご飯180g」、「1/2バナナ」、「鮭の塩焼き(50g)カリフラワー付き」、「もやし炒め」で、486kcal、塩分一日6gFULLでした。(写真:A2)
そして栄養管理士との話し合いで今後の食事を討議した。特に塩分の摂取だ。高血圧から起きる不整脈も注意しなければならない。一日6g以下の塩分にすべく努力するしかない。