「正倉院の世界」

『J REPORT 2019年10月第4週号』
「リタイアメント・ノート 11年4か月目」
「VOL.1130号 SINCE  AUG.12th, 1983」
「正倉院の世界」
「御即位記念特別展 皇室がまもり伝えた美」と銘打った展覧会が上野の東京国立博物館で開催されている。これは絶対に見なければ損だ。私は先日奈良国立博物館の先生の講義を受けたので、内容的にはかなり知っているつもりでいたが、やはり実物には驚かされた。(写真:N2)N2
そして非常に混んでいた。
入口付近には聖武天皇(701-749)の死後49日目に光明皇后が東大寺に寄贈したリストの現物が展示されていた。勿論国宝だ。これだけでもう涙が出てくる。こんな古いものがきっちと残されているとは、本当に素晴らしい。
写真撮影は勿論出来ないので、我慢するしかないが、最後に正倉院の模型があった。(写真:N3)N3
校倉造りだ。(写真:N4)N4
以前にも述べたが、校倉造りは湿度の差で木が伸縮し、内部の環境が一定になると学校で習ったことは全く嘘だったということだ。宝物の保存には色々な箱がその役割を果たしていた。何重にも木箱に入れられた宝物がこの日本の気候に一番あっていたということだ。
正倉院は天皇の許可がないと絶対に開かない。これが扉の模型だ。(写真:N5)N5
鍵には封印がなされている。(写真:N6)N6
五本の弦がある琵琶は世界中にこの品しかない。勿論これは模型だ。「螺鈿紫檀五弦琵琶」(写真:N7)N7
「螺鈿紫檀阮咸」(写真:N8)N8
それではパンフレットを見てみよう。(写真:N9)N9
(写真:N10)N10
「紫檀木画槽琵琶」草原の狩猟が描かれている。(写真:N11)N11
「伎楽面 酔王」舞台演じるための仮面だ。(写真:N12)N12
「海磯鏡」(写真:N13)N13
そして、「黄熟香」(蘭じゃ待)(写真:N14)N14
「じゃ」の漢字が見つからないので省いたが、この「蘭じゃ待」には東大寺の文字が隠されている。
これは香木だ。東南アジア産の木だが、樹液が染み出し、それが木に浸透し、水よりも重くなったものだ。白い印があるように天下人になった人も、これを削っている。一番右が足利将軍、その隣が織田信長、一番左は明治天皇が削った部分だ。足利将軍は香道を作り上げ、信長は茶道を広めた。生涯に一度しか見ることができないものではないだろうか。
シルクロードの最終地点である奈良でヨーロッパや中東、そして中国の宝が存在すること事態が摩訶不思議な世界だ。
奈良まで行ければベストなのだろうが、東京でこれだけのものが観られるのは、恐らく今回のみだろう。後期展示は11月6日からでまた新しい展示物が出てくるという。もう一度行こう。

「今週の映画と本」

「今週の映画と本」
「私の2019年の映画の評価は?」あくまで私の私感ですからね!!
「真実」(TC日本橋にて)私的批評眼★★★★(今年156作品目)映画真実
評価が分かれるだろう。有名女優が自身の自伝を発行する記念に、娘夫婦と孫娘がニューヨークからパリにやってくる。だが、本の内容は事実と全く違う。女優の本当の姿と、演技をしつつ名声を獲得するための果てしない努力とのしがらみ。徐々に家族としての愛に芽生えるか?家族愛か自分愛か?是枝監督らしい映画でした。

「最高の人生の見つけ方」(丸の内ピカデリーにて)私的批評眼★★★★(今年157作品目)映画最高の人生の見つけ方
ハリウッド映画のリメイクだ。舞台を日本に、そして主演を女性陣にしたのだが、まあ互いに癌で余命少ない二人の違った生き方が意外と身に詰まされる。人生の終わりをどのように迎えるのか、人それぞれの感覚を観客に考えさせるお話しでした。

「宮本から君に」(角川シネマ有楽町にて)私的批評眼★★★★(今年158作品目)映画宮本から君に
年上の恋人を知り合いに強姦された宮本(池松壮亮)。その時彼は彼女(蒼井優)の部屋で酔っていびきをかいて寝ていた。そんな男の復讐劇から彼女との愛を強く語るお話し。非常に過激的な映画でした。これも評価が分かれるかな?主演の二人の演技が抜群だ。

「ボーダー 二つの世界」(HTC有楽町にて)私的批評眼★★★(今年159作品目)映画ボーダー
スゥエーデン映画。税関の職員の彼女には特殊な能力がある。それは人間の感情をかぎ取るということで、密輸等にその腕を発揮している。しかし彼女は醜い。偶然知り合った男は男性器がなかった。どういうこと?二人は雌雄一体の別人類だったのだ。男は赤ん坊を誘拐して売り飛ばし、人類へのリベンジを行っていた。彼女は理性的な対応をするのだが。果たして結末は?不思議な物語でした。

10月18日の日経新聞「シネマ万華鏡」の評価は、「ボーダー 二つの世界」が4つ星、「楽園」が4つ星、「マレフィセント2」が3つ星、「フッド ザ・ビギニング」が3つ星、「ガリーボーイ」3つ星、「空の青さを知る人よ」が3つ星、「スペシャルアクターズ」が3つ星でした。

「2019年の映画、私的評価表」ひとりの
★★★★★=「ボヘミアン・ラプソディ」「グリーンブック」「運び屋」「こどもしょくどう」「さよなら くちびる」「ディリリのパリの時間旅行」「イエスタデイ」
★★★★=「蜘蛛の巣を払う女」「バハールの涙」「メリーポピンズ リターンズ」「女王陛下のお気に入り」「ちいさな独裁者」「ヴィクトリア女王」「半世界」「ねことじいちゃん」「翔んで、埼玉」「あの日のオルガン」「天国でまた会おう」「マイ・ブック・ショプ」「Bの戦場」「ブラック・クランズマン」「ROMA」「ザ・プレイス」「バイス」「ハンターキラー」「パリの家族たち」「誰もがそれを知っている」「小さな恋のメロディ」「アラジン」「アマンダと僕」「COLD WAR あの歌、2つの心」「今日も嫌がらせ弁当」「存在のない子供たち」「天気の子」「北の果ての村で」「ロケットマン」「やっぱり、契約破棄していいですか」「ガーンジー島の秘密の読書会」「記憶にございません」「今さら言えない小さな秘密」「アド・アストラ」「パリに見出されたピアニスト」「ジョン・ウィック パラベラム」「ジョーカー」「樹木希林を生きる」「真実」「最高の人生の見つけ方」「宮本から君へ」

「2018年の映画はこんなでした」
★★★★★=「はじめてのおもてなし」「スリー・ビルボード」「リメンバー・ミー」「レディー プレイヤーワン」「万引き家族」「空飛ぶタイヤ」「輝ける人生」「判決 ふたつの希望」「日日是好日」

「2019 観劇シリーズ」 2018年の歌舞伎観劇は3度でした。
一月大歌舞伎=歌舞伎座にて 
二月競春名作喜劇公演観劇=新橋演舞場にて
團菊祭五月大歌舞伎=歌舞伎座にて
七月大歌舞伎観劇=歌舞伎座にて
八月納涼歌舞伎観劇=歌舞伎座にて
相撲観戦=1月、5月、9月場所観戦しました。

「2019 旅暦」
国内旅行は、1月は北海道2回と佐賀武雄温泉。6月末からは神奈川会の仲間と三陸で震災復興ツアーを、7月には4S会で壱岐の島から長崎へと、7月後半は妻と娘、孫娘たちと一緒に再び壱岐に行きました。
海外旅行は、2月と5月と8月のハワイ。
これまで行った国々の合計数は、71か国(直近18年5月のモンゴル)

「2018 読書記録」 2018年の読書数は、252冊でした。
「やってみなきゃ」(野口 卓 著)集英社文庫 私的批評眼★★★(今年208冊目)「よろず相談屋繁盛記」シリーズ第4弾本やってみなきゃ

「しつこい男」(佐々木 裕一 著)角川文庫 私的批評眼★★★(今年209冊目)「身代わり若殿 葉月定光」シリーズ第4弾本しつこい男

「台風19号」

「台風19号」
いよいよ巨大台風が日本に接近して来る。12日土曜日の午後1時の自宅前には猛烈な雨と風が吹いていた。(写真:T1)T1
(写真:T2)T2
困ったのが犬の散歩だ。風雨の中に出掛ける訳に行かず困っていると、おや少し雨が止んだかな?
そこで慌てて犬を連れて外に出る。小雨状態だ。隣の建設現場も人はいない。但し杭打機は立てたままだ。(写真:T9)T9
現場の囲いは一部が外されていて風の影響を避けようとしていた。(写真:T10)T10
しかし途中から激しい雨になった。びしょ濡れで帰り着く。
そして夜になった。2度江東区からのエリアメールが鳴り響き、避難勧告が告げられた。しかし対象地域は荒川の付近の大島や亀戸だった。私の家の辺りは問題ないようだ。ガラス窓にはテーピングしたし、準備は万端だ。
夜明け前から雨音は聞こえない。風の音もしない。午前5時空には星が光っていた。愛犬を連れて散歩に出掛ける。豊洲のセブンイレブンは通常営業していた。(写真:T3)T3
もう街は平常時になっているのか?だが、東京メトロは動いていなかった。(写真:T4)T4
豊洲公園の花壇の花は風で一部が吹き倒されていた。(写真:T5)T5
都市モノレールの「ゆりかもめ」は運行していた。(写真:T6)T6
おや、どんぐりが落ちていた。これも台風の被害者だろうか?(写真:T7)T7
あの工事現場は水浸しでした。(写真:T8)T8
それでも雨台風で東日本を中心にして河川の氾濫で非常にひどい状態のようだ。東京はなんとか被害がなかったが、地方は大変なようだ。地球温暖化を含めて対策を真剣に考える時になったということだろう。
台風が去って一日半、豊洲運河には茶色濁った水が岸辺近くまで増水していた。(写真:T11)T11
これほどまでに水が増えたことを見たことがなかっただけに、如何に上流の降雨量が多かったことが想像された。

「青森人の祭」

「青森人の祭」
上野の東京国立博物館に行く途中に思いもかけない祭があった。(写真:N1)N1
青森人の祭りだという。地元青森の民謡が歌われていて、踊りの輪も出来ていた。そこにはちらほらと外国人観光客も混じっていた。楽し気な祭風景でした。
以上、台風が去りまだまだ問題未解決な日本から勢古口がお送りしました。

「神奈川会」

『J REPORT 2019年10月第3週号』
「リタイアメント・ノート 11年4か月目」
「VOL.1129号 SINCE  AUG.12th, 1983」
「神奈川会」
ここのところ、訃報が相次ぐ中学同級生の集まりだ。その名の如く神奈川に在住するか、過去にしたかの集まりだ。今日は大船駅前の店だった。まず2週間ほど前に恩師が亡くなった。我々が中学1年生の時の担任のK先生だった。数度の癌を克服されて80代後半の死だった。そして1週間ほど前には同級生のY君が膵臓癌でなくなった。今回の仲間のT医師は膵臓癌が専門だったという。やはり早期発見なのだろう。
まず驚いたのが大船駅の変貌だった。松竹撮影所がなくなってかなり立つのだろうが、その変わりようは凄いものがあった。店は「かんのん」という店。(写真:K1)K1
招き猫があった。(写真:K2)K2
席に着く。(写真:K3)K3
7人だから、二人前づつ次々と頼む。付き出しと焼酎いいちこ。(写真:K4)K4
刺身盛り合わせ。(写真:K5)K5
天麩羅。(写真:K6)K6
しめ鯖。(写真:K7)K7
タコ刺し。(写真:K8)K8
卵焼き。(写真:K9)K9
万願寺甘とう焼き。(写真:K10)K10
鰯刺身。(写真:K11)K11
厚揚げ。(写真:K12)K12
さつま揚げ。(写真:K13)K13
穴子天。(写真:K14)K14
焼き茄子。(写真:K15)K15
鯵フライ。(写真:K16)K16
一体いくつ食べたのだろうか?皆凄い食欲だ。たまたま食べ物の話しになり、私が一日一食だと言ったら、T医師が彼も殆ど一日一食だと言った。現代人は食べ過ぎだとの発言がT医師からあり、彼曰く、血管と足が健康のかなめだとか。即ち若々しい血管を維持することと、一生歩けることだそうだ。頑張ろう、老人たち。
(写真:K17)K17
血管は脳や心臓の機能に直接影響のある病気になりやすいし、歩けなくなると食べられなくなり、命を失うという。
さて、中学の私たちのクラス、実は計算違いしていて、50名中、7名が亡くなっていた。14%の死亡率だ。
京の仲間の7人は、医師、メーカー、銀行、損保が各1名、商社が3人という構成だった。
果たして80歳まで生き残れるのは?
まあ、精一杯生きようぜ。

「今週の映画と本」

「今週の映画と本」
「私の2019年の映画の評価は?」あくまで私の私感ですからね!!
「ジョン・ウィック パラベラム」(TC日比谷にて)私的批評眼★★★★(今年151作品目)映画ジョン。ウィック
兎に角内容よりもジョンを襲う人々との戦いが大半でした。

「ジョーカー」(TC日比谷にて)私的批評眼★★★★(今年152作品目)映画ジョーカー
ゴッダムシティに暮らす一人のピエロ役の男。虐げられ虐められる男が突然銃で人を殺す。やがて人々からヒーロー扱いされ、ジョーカーへとなっていく姿を描く。のちのバットマンになる子供の姿も合わせて映される。何とも不可思議だが恐ろしい演技力でした。アカデミー賞最有力候補作品だ。

「樹木希林を生きる」(シネスイッチ銀座にて)私的批評眼★★★★(今年153作品目)映画樹木希林を生きる
1年以上に亘りNHKのカメラマン一人が樹木希林を密着取材し、4本の映画(モリのいる場所、泥棒家族、日日是好日等)の撮影風景を含め個人的な面を抉り出すというドキュメンタリー映画。死の直前まで収録されていた貴重な記録だ。

「蜜蜂と遠雷」(UC豊洲にて)私的批評眼★★★(今年154作品目)映画蜜蜂と雷鳴
新人ピアニストの登竜門と言われているコンテストに挑む若者たちを描く。

「イエスタデイ」(UC豊洲にて)私的批評眼★★★★★(今年155作品目)映画イエスタデイ
売れないミュージシャンがある晩自転車で走っていると、地球上全てで12秒間停電となった。その時バスに撥ねられた彼はビートルズの歌がない世界に迷い込む。彼はビートルズの歌でデビューし大ヒットを飛ばし天才と言われるようになるのだが。ビートルズファンに取ってはたまらない映画でした。つい歌いたくなる。

10月11日の日経新聞「シネマ万華鏡」の評価は、「真実」が4つ星、「イエスタデイ」が4つ星、「ブルーアワーにぶっ飛ばせ」が3つ星、「最高の人生の見つけ方」が3つ星、「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」3つ星、「第三夫人と髪飾り」が3つ星、「細い目」が4つ星でした。

「2019年の映画、私的評価表」ひとりの
★★★★★=「ボヘミアン・ラプソディ」「グリーンブック」「運び屋」「こどもしょくどう」「さよなら くちびる」「ディリリのパリの時間旅行」「イエスタデイ」
★★★★=「蜘蛛の巣を払う女」「バハールの涙」「メリーポピンズ リターンズ」「女王陛下のお気に入り」「ちいさな独裁者」「ヴィクトリア女王」「半世界」「ねことじいちゃん」「翔んで、埼玉」「あの日のオルガン」「天国でまた会おう」「マイ・ブック・ショプ」「Bの戦場」「ブラック・クランズマン」「ROMA」「ザ・プレイス」「バイス」「ハンターキラー」「パリの家族たち」「誰もがそれを知っている」「小さな恋のメロディ」「アラジン」「アマンダと僕」「COLD WAR あの歌、2つの心」「今日も嫌がらせ弁当」「存在のない子供たち」「天気の子」「北の果ての村で」「ロケットマン」「やっぱり、契約破棄していいですか」「ガーンジー島の秘密の読書会」「記憶にございません」「今さら言えない小さな秘密」「アド・アストラ」「パリに見出されたピアニスト」「ジョン・ウィック パラベラム」「ジョーカー」「樹木希林を生きる」

「2018年の映画はこんなでした」
★★★★★=「はじめてのおもてなし」「スリー・ビルボード」「リメンバー・ミー」「レディー プレイヤーワン」「万引き家族」「空飛ぶタイヤ」「輝ける人生」「判決 ふたつの希望」「日日是好日」

「2019 観劇シリーズ」 2018年の歌舞伎観劇は3度でした。
一月大歌舞伎=歌舞伎座にて 
二月競春名作喜劇公演観劇=新橋演舞場にて
團菊祭五月大歌舞伎=歌舞伎座にて
七月大歌舞伎観劇=歌舞伎座にて
八月納涼歌舞伎観劇=歌舞伎座にて
相撲観戦=1月、5月、9月場所観戦しました。

「2019 旅暦」
国内旅行は、1月は北海道2回と佐賀武雄温泉。6月末からは神奈川会の仲間と三陸で震災復興ツアーを、7月には4S会で壱岐の島から長崎へと、7月後半は妻と娘、孫娘たちと一緒に再び壱岐に行きました。
海外旅行は、2月と5月と8月のハワイ。
これまで行った国々の合計数は、71か国(直近18年5月のモンゴル)

「2018 読書記録」 2018年の読書数は、252冊でした。
「火炎の乱」(麻倉 一矢 著)徳間文庫 私的批評眼★★★(今年205冊目)「けんか中納言光圀」シリーズ本火炎の乱

「雑賀の女鉄砲撃ち」(佐藤 恵秋 著)徳間文庫 私的批評眼★★★★(今年206冊目)本雑賀の女鉄砲撃ち

「酔い待ち草」(辻堂 魁 著)ハルキ文庫 私的批評眼★★★★(今年206冊目)「天神小五郎 人情剣」シリーズ本宵待草

「五弁の秋花」(梶 よう子 著)新潮文庫 私的批評眼★★★(今年207冊目)「みとや・お瑛仕入帖」シリーズ第2弾本五弁の秋花

「瞼の上の手術」

「瞼の上の手術」
何と奇妙なことに、右瞼の上に小さな瘤が出来てきた。その内治ると持っていたらどんどん大きくなってきた。そこで聖路加国際病院の形成外科に行き手術をすることになった。(写真:手術前)手術前
病名は「右上眼瞼脂漏性角化症」疑いということになった。当日は手術6時間前から食事禁止、2時間前から飲水中止をした上で、部分麻酔、切除、縫うということになるらしい。また1週間前から個人的に飲んでいる漢方等の薬は服用中止となった。どうも仰々しい手術だ。もっと簡単にその場で切ってくれるものと思っていただけに大袈裟に感じた。
手術当日、少し早めに病院に着いたが、時間通り手術室に入った。勿論手術着に着替えて手術台に横たわる。そして消毒、麻酔注射、その後切開し、糸で縫い合わせとなったのだが、痛みはないものの約30分強もの手術時間だし、なんでこんなに時間が掛かるのかと思うのだが、どうも出血もかなりあったようで、一体何針縫ったのだろうか?手術後はこんな感じの顔になっていた。(写真:手術後)手術後
痛み止めや抗生物質の薬を貰ったが、右の額の上に氷等で冷やすようにとのことだった。腫れるというのだ。さてどんな経過になるのか?
明日また診察を受けることになっている。そして絆創膏を剥がすと意外に大きな傷があった。縫い糸は4つ位あるだろうか?(写真:傷口)抜糸前
こんなに切除したんだと驚いた。手術後から痛みは全くなく、従って鎮痛剤も飲んでいない。むしろ傷口が痒い位だ。ちょっと目立つかな、傷口が。一週間後には抜糸となる。

「台風前夜」

「台風前夜」
朝晩はめっきり涼しくなった東京だが、先月に続きまたまた大型の台風の上陸接近が見込まれている。そんな台風前夜、空は晴れ渡り雲一つない。そんな空に今まさに太りつつある月が光っていた。(写真:月)半月
愛犬との朝の散歩だが、夏の暑い間は犬も中々歩かないので、仕方なく乳母車に乗せて、犬が歩くことを望むまで連れていっていたが、最近は犬自身でどんどん歩いていくようになった。これも季節を感じてのことなのだろうか?
豊洲公園の一角にある花壇の花も秋めいていた。(写真:花)花
台風が来たら果たしてこれらの花は残っているのだろうか?台風の強風に耐えられるのか?
前回の台風15号で見せた都市の弱点というか、インフラの脆弱性を今回の19号でも露呈してしまうのか?非常に心配だ。
いつも行くスーパーに行く。凄い込み方だ。見るとパンの棚は空っぽだった。2011年の東関東大震災でも棚の品がなくなっていたが、今回も皆が買いだめしていた。(写真:パンの棚)パンの棚
さあ、どうなる台風。
自宅のガラス窓には一応テープを張り、ガラスの飛散を防ぐことにしたが、果たして効果あるのだろうか?経験したことのない台風の来襲、自然に人間は勝てないのか?

「中華料理 TEN」

「手前勝手世界食物語、第531号」
「中華料理 TEN」
大体2か月に一回位の頻度で訪れている店だ。特に点心が美味い。
一押しは「小籠包」だ。(写真:食1)食1
小さなスプーン上に乗せてあるので、皮が破れても中のスープが飛び出すことなく味合える。但し刻み生姜は付いていない。黒酢を掛けて食べる。
天井のライトには鳥のモチーフが使われていた。(写真:食2)食2
「チンジャオロース」(写真:食3)食3
「焼き餃子」(写真:食4)食4
「麻婆豆腐」の激辛(写真:食5)食5
〆は「五目ビーフン」(写真:食6)食6
またここの店の売りは「新幹線の走る姿が見られる」ということ。有楽町駅前のITOCIA別館の三階にあるから、本当に目の前を新幹線が通過していく。ファンにとっては聖地かな?
以上、強大な台風が接近中の東京から勢古口がお送りしました。

「コスモス」

『J REPORT 2019年10月第2週号』
「リタイアメント・ノート 11年4か月目」
「VOL.1128号 SINCE  AUG.12th, 1983」
「コスモス」
晴れた日の浜離宮。真っ青な空の下にはコスモスが咲き誇っていた。
入ってすぐのところに海鵜がいた。(写真:H1)H1
(写真:H2)H2
(写真:H3)H3
この辺りには結構海鵜がいる。
そしてコスモス畑だ。(写真:H4)H4
白いコスモス。(写真:H5)H5
赤いコスモス。(写真:H6)H6
これも白。(写真:H7)H7
オレンジ色だ。(写真:H8)H8
蝶々も舞っていた。(写真:H9)H9
蜂を撮ろうとしたのだが、上手くいかなかった。(写真:H10)H10
これも蝶々。(写真:H11)H11
入口のところの名物「三百年の松」だ。(写真:H12)H12
外国人もかなり訪れていた。都心に近く実に便利な浜離宮。今年は春に続いて2度目だった。歴史的には十五代将軍徳川慶喜が、戊辰戦争開始の鳥羽伏見の敗戦後、幕府の軍艦に乗って大坂から逃げて来たのが、この浜離宮の船着き場だった。実に情けない将軍だ。味方を残して総大将が敵前逃亡するなんて、と私は憤慨しています。