「今週の映画と本」

「今週の映画と本」
「名探偵コナン 緋色の不在証明」(TC日比谷にて)私的評★★★(今年15作品目)
10年前に海岸で起きた事件で当時のコナン少年が知り合った家族との運命的な出会いを描く。

「私は確信する」(HTC有楽町にて)私的評★★★(今年16作品目)
フランスで実際起きた事件を基にしている。ある日突然妻が3人の子供たちを残して失踪する。犯人は不明だが、夫が疑われる。何の証拠もないのだが、1審では無罪となるが、検察は上訴し10年越しの裁判となる。果たして夫は犯人なのか?それとも単なる家出なのか?或いは犯人は別にいるのか?250時間に亘る電話の通話記録から真実を見つけようとする人たちの物語。推定無罪はなるのか?

2月19日付日経新聞の「シネマ万華鏡」の映画評価は、「ある人質 生還までの398日」が4つ星、「世界で一番しあわせな食堂」が4つ星、「ある殺人、落ち葉のころに」が3つ星、「痛くない死に方」が3つ星、「あの頃」が3つ星、「藁にもすがる獣たち」が3つ星、「モンテッソーリ 子どもたちの家」が3つ星でした。

「私の2021年の映画の評価は?」あくまで私の私感ですからね!! 
★★★★★=
★★★★=「聖なる犯罪者」「羊飼いと風船」「天国にちがいない」「秘密への招待状」

「2020 観劇シリーズ」 2020年の歌舞伎観劇は6度でした。
1月の初春海老蔵歌舞伎(新橋演舞場)を観劇。
2月大歌舞伎(歌舞伎座)二幕を観劇。「於染久松色読販・土手のお六、鬼門の喜兵衛」「神田祭」

「2021年大相撲観戦シリーズ」2020年の大相撲観戦は2場所でした。
1月場所の11日目を観戦。

「2021年旅暦」
1月に米沢と新潟に。

「2021 本の記憶シリーズ」  2020年の読書数は、364冊でした。
「秘された布石」(氷月 葵 著)二見時代文庫 私的批評眼★★★★(今年35冊目)「御庭番の二代目」シリーズ第15弾

「立つ鳥の舞」(今村 翔吾 著)ハルキ文庫 私的批評眼★★★★(今年36冊目)「くらまし屋稼業」シリーズ第7弾

「大福三つ巴」(田牧 大和 著)講談社文庫 私的批評眼★★★(今年37冊目)「宝来堂うまいもの番付」

「帰蝶さまがヤバい」(神楽坂 淳 著)講談社文庫 私的批評眼★★★(今年38冊目)「同」シリーズ第1弾

「悪玉伝」(朝井 まかて 著)角川文庫 私的批評眼★★★★(今年39冊目)

「二月大歌舞伎観劇」

「二月大歌舞伎観劇 第二部二幕」(歌舞伎座にて)

「於染久松色読販」
二人の人間国宝が共演する舞台だ。主役の「土手のお六」には「坂東玉三郎」(70歳)、その夫「鬼門の喜兵衛」には「片岡仁左衛門」(77歳)が演じる。フグ毒に当たり亡くなった小僧の死体を別件の殺人事件の被害者に仕立て上げて、豪商の油屋を強請るというもの。久し振りに玉三郎を楽しんだ。
「神田祭り」
同じく玉三郎と仁左衛門のコンビでの舞踊劇。江戸時代の三大祭りは「京都の祇園祭」、「大坂の天神祭り」、そして江戸の「天下祭」だ。天下祭は「赤坂日枝神社の山王祭」と「神田明神の神田祭」。この二つは一年毎交代で江戸城内にまで入り将軍を楽しました伝統ある祭だ。鳶の頭の仁左衛門と芸者の玉三郎との愛の物語。


「遂に1200回目」
J REPORTを始めたのは、1983年12月からだった。当初は月1回のペースで主にファックスとレターで送付していた。それが2001年からブログ形式にして配信するようになった。数えて見たら何と今回で1200回に達していた。足掛け37年だ。だがまだ通過点だ。週一回の配信も結構辛い時もある。特に今のようなコロナ禍で外出自粛となると思うような取材活動も出来ない。でもそれなりに何とか頑張ろうと思っています。

「確定申告の季節」
2月17日に私の該当する地区の税務署に申請書類を提出しに行った。(写真:確定申告)
今年は締め切りが1か月延期されているので混雑にはなっていなかった。平成元年に仙台で買ったマンションを人手に貸していたことから、確定申告することになり、もう30数年経過した。その過程ではリーマンショックで数千万円の株式の繰り越し損失を発生させ、3年間で償却したりと大変な時期もあった。しかし、リタイアした後では税金を支払っていないので還付も殆どない。仙台のマンションも2019年9月に売却したのでもう実質収入は年金のみになってしまった。今回も金額は少ないが、還付を受けるつもりだ。

「上野東照宮のぼたん苑」

「上野東照宮のぼたん苑」
正に冬から春に向かうこの時期にジャストインタイムでの催しだった。本来ならばもう少し暖かくなってからの花「牡丹」が丹精込められ寒さを防ぎながら、この時期に「冬牡丹」として公開されていた。場所は「上野東照宮」のぼたん苑だ。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は蓮の花」と言われた美人の象徴の花の一つだ。東照宮はご存知江戸幕府を開いた徳川家康公が死後神とされ安置された神社だ。全国各地にあるが、ここ上野もその一つだ。
まずは上野公園の国立東京博物館前の噴水の周囲に植えられていた「チューリップ」だ。春近し。(写真:B1)
(写真:B2)
「寒桜」も美しい。(写真:B3)
(写真:B4)
では「ぼたん苑」に向かう。(写真:B5)
(写真:B6)
参道だ。(写真:B7)
燈篭が両側に並ぶ。(写真:B8)
(写真:B9)
料金700円とちょっと高いが入場する。藁造りの小さな帽子のような傘を被った牡丹があちこちにある。手入れが行き届いている。それでは観て行こう。
「黄冠」(写真:B10)
(写真:B11)
「連鶴」(写真:B12)
「太陽」(写真:B13)
「花王」(写真:B14)
「太陽」(写真:B15)
「島大臣」(写真:B16)
「花王」(写真:B17)
「紫紅殿」(写真:B18)
「島錦」(写真:B19)
「乙女桜」(写真:B20)
「黄冠」(写真:B21)
(写真:B22)
「葉牡丹」(写真:B23)
「島大臣」(写真:B24)
「扶桑司」(写真:B25)
「乙女桜」(写真:B29)
「扶桑司」(写真:B30)
「冬牡丹の謂れ」(写真:B31)
「白梅」(写真:B32)
「越の雪」(写真:B34)
「紀子の舞」(写真:B35)
「島津紅」(写真:B36)
「黄冠」(写真:B37)
「白梅」(写真:B38)
「吉野川」(写真:B39)
「八千代椿」(写真:B40)
「ソシンロウバイ」(写真:B41)
ロウバイと牡丹(写真:B42)
「連鶴」(写真:B43)
「明石潟」(写真:B44)
(写真:B45)
「聖代」(写真:B46)
「向陽」(写真:B47)
「良子」(写真:B48)
(写真:B49)
椿(写真:B50)
紅白の梅(写真:B51)
(写真:B52)
「河津桜」(写真:B53)
「五重塔と梅」(写真:B54)
「東照宮」(写真:B55)
いやあ、目を楽しませてくれました。
以上、勢古口が東京からお送りしました。

「湯島天神の梅の花」

「J  REPORT 2021 2月第3週号」
「リタイアメント・ノート 11年8ヶ月目」
「VOL.1199 SINCE AUG.12th、1983」
「湯島天神の梅の花」
入試試験の真っ只中、流石「学問の神様・菅原道真」が祀られている「湯島天満宮」には多くの参拝客が訪れていた。(写真:A1)
(写真:A2)
ご存知のように実に小さな神社だが、入試へのご加護があると信じられて今日に至っている。
境内にはまだ咲き始めたばかりの梅の花が可憐に参詣客を迎えていた。(写真:A3)
白梅だ。(写真:A4)
ありました。沢山の「絵馬」です。皆「合格祈願」を想うものです。(写真:A5)
「紅梅」だ。(写真:A6)
(写真:A7)
(写真:A8)
これはピンク色になっているから、紅梅と白梅のミックスかな。(写真:A9)
白梅もまだまだこれからだ。(写真:A10)
社です。本当に小さな神社ですね。(写真:A11)
「丑のおみくじ」です。(写真:A12)
(写真:A13)
本殿です。(写真:A14)
江戸時代からこの神社は多数の人たちから敬われ今日に至っているということを実感させられます。(写真:A15)
男坂です。(写真:A16)
若干緩やかな女坂です。(写真:A17)
おや、面白い塚がありました。「講談高座発症の地」だそうです。(写真:A18)
詳しくはこの碑を読んでください。初めて知りました。(写真:A19)
江戸時代には寺社方の許可を得た「富籤」で有名な神社だった。所謂宝籤である。当選発表の日には境内は大混雑していたと思う。庶民の夢を載せていたのだろう。

「今週の映画と本」

「今週の映画と本」
「パリの調香師 しあわせの香りを探す」(HTC有楽町にて)私的評★★★(今年12作品目)
香りを嗅ぐ能力を一時的に失った調香師の女性がハイヤーの運転手に助けられ復活する物語。

「天才画家ダ・ヴィンチのすべて」(TCシャンテにて)私的評★★★(今年13作品目)
最近もダ・ヴィンチ没後500年の映画を観たが、本編は各地の美術館や個人所蔵のダ・ヴィンチ作品の解説だ。エルミタージュの「授乳の聖母」、ルーブルの「モナリザ」、ミラノの「最後の晩餐」、その他私も実物を観た作品等をじっくりと鑑賞した。

「秘密への招待状」(TCシャンテにて)私的評★★★★(今年14作品目)
印度で寄付金を基に孤児院を営む38歳の女性に、ニューヨークの実業家女性から200万ドルの寄付を考えているが、まずニューヨークに来てもらいたいとの話しがあり、そこで娘の結婚式に出て欲しいと言われた。結婚式場に行くと、そこには彼女の元夫が娘の父親として、そして娘は何と彼女が生み養子に出したはずの子供だった。果たして何故彼女は招待されたのか?謎が謎を呼ぶ。

2月12日付日経新聞の「シネマ万華鏡」の映画評価は、「すばらしき世界」が4つ星、「ベイビーティース」が3つ星、「秘密の招待状」が3つ星、「マーメイド・イン・パリ」が3つ星、「ファースト・ラブ」が3つ星、「私は確信する」が3つ星、「ノンストップ」が3つ星でした。

「私の2021年の映画の評価は?」あくまで私の私感ですからね!! 
★★★★★=
★★★★=「聖なる犯罪者」「羊飼いと風船」「天国にちがいない」「秘密への招待状」

「2020 観劇シリーズ」 2020年の歌舞伎観劇は6度でした。
1月の初春海老蔵歌舞伎(新橋演舞場)を観劇しました。

「2021年大相撲観戦シリーズ」2020年の大相撲観戦は2場所でした。
1月場所の11日目の桝席チケットをゲットしています。

「2021年旅暦」
1月に米沢と新潟に。

「2021 本の記憶シリーズ」  2020年の読書数は、364冊でした。
「風鳴の剣」(風野 真知雄 著)双葉文庫 私的批評眼★★★(今年31冊目)「若さま同心徳川竜之助」シリーズ第2弾

「盗賊かもめ」(坂岡 真 著)双葉文庫 私的批評眼★★★★(今年32冊目)「照れ降れ長屋風聞帖」シリーズ第11弾

「次から次へと」(野口 卓 著)イチオン時代文庫 私的批評眼★★★★(今年33冊目)「めおと相談所奮闘記」シリーズ第7弾

「友の友は友だ」(野口 卓 著)イチオン時代文庫 私的批評眼★★★★(今年34冊目)「めおと相談所奮闘記」シリーズ第8弾

「亀戸天神」

「亀戸天神」
西の「湯島天神」に対して、東はと言えば「亀戸天神」だ。湯島が本郷台地に続く丘の上にあるのに対して亀戸は郊外の田園地帯にある鄙びた神社だったのだが、梅屋敷があったように梅の名所でもあった。
鳥居(写真:B1)
太鼓橋に登る。境内には藤の棚が続く。(写真:B2)
スカイツリーもすぐそこだ。(写真:B3)
白梅(写真:B4)
おや、黄色の花が咲いていた。(写真:B5)
紅梅(写真:B6)
梅の花はまだまだ咲き始めだ。人出も少ない。(写真:B7)
絵馬はここでも沢山ある。(写真:B8)
(写真:B9)
(写真:B10)
(写真:B11)
春になれば藤棚には藤の花が咲き乱れる。今はまだ梅の花だけだ。(写真:B12)
(写真:B13)
(写真:B14)
有名な和菓子の店にも人はいなかった。
それでも東京に梅の花の季節が訪れつつあった。

「銀座風景」

「銀座風景」
緊急事態が1か月延期された最初の休日に久々に私用があり、銀座の中央通りに行った。そこには歩行者天国はないものの多数の人出があった。春の気配が近い気温だったが、北風が毎秒4-5mと強く体感温度はかなり厳しい状態でした。
そこで驚いたのは「銀座松屋」の壁面だった。なんだ、あれは!!
一面漫画のような絵が描かれていた。(写真:C1)
(写真:C2)
(写真:C3)
私にはこれが何だか、全く分からなかった。分かった方がおられたら教えてもらいたい。

「TEN」

「手前勝手世界食物語、第582話」
「TEN」
いつも行く有楽町イトシアの中華料理店「TEN」ではかなりの客が入っていた。(写真:D1)
まず紹興酒を頼む。(写真:D2)
この店の名物である「小籠包」(写真:D3)
次が「春巻」(写真:D4)
とここまでは順調に来たのだが、その後が全く続かない。最初に注文した時の一品が来ないのだ。30分も経ったので問い合わせると、案の定注文受け忘れだ。この店の一部は日本人でないので何度かこのようなオーダーミスが過去もあった。「もういらない」というと支配人が出て来て「今から直ぐ作ります。その間紹興酒をただで追加しますので、お許しください」と来たのだった。それでは仕方ないと待つこと10分。漸く「生野菜の蒸し焼き」が出てきた。(写真:D5)
締めとして「重慶式麻婆豆腐」(写真:D6)
「五穀米五目炒飯」(写真:D7)
を追加した。味はいい店なのだが、こうしたミスが常に起こるのが玉に瑕でした。
以上、そろそろ春の足音が聞こえてきそうな東京から勢古口がお送りしました。

「和宮 江戸へ」

「J  REPORT 2021 2月第2週号」
「リタイアメント・ノート 11年8ヶ月目」
「VOL.1198 SINCE AUG.12th、1983」
「和宮 江戸へ」
両国の江戸東京博物館で開催中の「和宮 江戸へ ふれた品物 みた世界」展を訪れた。
幕末、14代将軍となった家茂の元に公武合体の象徴として降嫁した和宮。家茂は御三家和歌山藩から徳川本家に養子に入った16歳の青年。一方和宮は天皇の娘として同い年の16歳として京から江戸へとやって来た。中睦ましい夫婦だったというが、家茂は21歳で亡くなる。そんな和宮が持参した品や徳川家にあったものなどを展示していた。(写真:A1)
まずは「村梨子地葵葉菊紋散花唐草蒔絵 茶碗・茶台」(和宮所用)(写真:A2)
「紺絵子地竹雌雄鶏図刺繍 袱紗」(写真:A3)
「鴇縮緬地流水梅樹文様 袱紗」(写真:A4)
「いと毛御車行列御役人附」(写真:A5)
「和宮様御下向行列図 中山道御下向御休伯御本陣附」(写真:A6)
「和宮様御当着道筋御固。江戸泰平御固場所附」(写真:A7)
「絹地五本骨扇に大の字紋・胸当」(写真:A8)
「三つ折人形」(写真:A9)
「松葉麻地 布袋」(写真:A10)
「白絽地丸に鳶紋 陣羽織・胸当」(写真:A11)
「御勝土器」(写真:A12)
「葉菊紋婚礼調度」(和宮所用)右・村梨子地葉菊紋散蒔絵 耳盥」
左・村梨子地葉菊紋散蒔絵 衣桁」(写真:A13)
「女乗物」(写真:A14)
「村梨子地葉菊紋散花桐唐草蒔絵 櫛台」(写真:A15)
「銅葵葉菊紋 炭箱」(写真:A16)
「銀葵葉菊紋鶴亀松竹梅文 渡金・歯黒次・しょうず」(写真:A17)
「村梨子地葉菊紋散花桐唐草蒔絵 耳盥・輪台共」(写真:A18)
「村梨子地葉菊紋散花桐唐草蒔絵 眉作業」(写真:A19)
(写真:A20)
「黒塗葵浮線菊紋散牡丹唐草蒔絵 雛道具」(写真:A21)
(写真:A23)
(写真:A24)
「黒塗桜花唐草蒔絵 十種香道具」(写真:A22)
政治的な目的とは言え、京の都から江戸への長い道のりを経て、降嫁された和宮の心を安らいだものがこの中にあったのだろうか?あったと言いたい。当時の最高の技術を以って造られた数々の品に感動させられた。
そして十五代将軍慶喜は、水戸家から一橋家に養子に入り将軍となり、大政奉還後、鳥羽伏見の敗戦を経て世の中は明治へとなるのでした。

「今週の映画と本」

「今週の映画と本」
「ニューヨーク 親切なロシア料理店」(シネスイッチ銀座にて)私的評★★★(今年9作品目)
警察官でDVの夫から逃れてニューヨークにやって来た母と二人の男の子。ホームレスとなった親子を救ったのはロシアレストランだった。人間の暖かさと冷酷さが際立つ物語でした。

「天国にちがいない」(HTC有楽町にて)私的評★★★★(今年10作品目)
パレスチナ人の映画監督スレイマンがパレスチナからパリ、そしてニューヨークを旅して日常の中からの面白い動きを見出すというコミック的な話し。正に人間の心の底を見つめている。

「ヤクザと家族」(UC豊洲にて)私的評★★★(今年11作品目)
若くしてヤクザになった男の話し。任侠の世界だったはずがただの金儲けになっていき、対抗勢力との潰し合いが始まる。結果として殺人で懲役14年となり後に出所したが、出てきた世の中は町も人も変わっていて、彼の居場所はなかった。そこでヤクザの親分との家族関係が蘇るのだが、迷惑は全ての人々に関わってくる。生きるすべを失った男は本当の家族を見出せるのか?

2月5日付日経新聞の「シネマ万華鏡」の映画評価は、「春江水暖」が4つ星、「あたしの叔父さん」が4つ星、「写真の女」が3つ星、「樹海村」が3つ星、「ディエゴ・マラドーナ」が3つ星、「ダニエル」が3つ星、「哀愁しんでれら」が3つ星でした。

「私の2021年の映画の評価は?」あくまで私の私感ですからね!! 
★★★★★=
★★★★=「聖なる犯罪者」「羊飼いと風船」「天国にちがいない」

「2020 観劇シリーズ」 2020年の歌舞伎観劇は6度でした。
1月の初春海老蔵歌舞伎(新橋演舞場)を観劇しました。

「2021年大相撲観戦シリーズ」2020年の大相撲観戦は2場所でした。
1月場所の11日目の桝席チケットをゲットしています。

「2021年旅暦」
1月に米沢と新潟に。

「2021 本の記憶シリーズ」  2020年の読書数は、364冊でした。
「追跡」(千野 隆司 著)講談社文庫 私的批評眼★★★(今年27冊目)

「春風の剣」(早見 俊 著)コミック文庫 私的批評眼★★★(今年28冊目)「密命将軍 松平通春」シリーズ第1弾

「口封じ」(小杉 健治 著)二見文庫 私的批評眼★★★(今年29冊目)「栄次郎江戸暦」シリーズ第25弾

「黒い染み」(佐々木 裕二 著)小学館文庫 私的批評眼★★★(今年30冊目)「春風同心十手日記」シリーズ第2弾