「手前勝手世界食物語、第250話」

「コカ・レストラン日比谷店が閉店」
いつも行っているタイ料理の老舗「コカ・レストラン日比谷店」が5月20日でもって店を閉めることになっていた。店長に「どうしたの?」と問い掛けると、「JRの高架橋耐震工事のためだ」ということだった。すると有楽町から新橋にかけての古いJRの高架は耐震工事に合わせてお店は撤退するということなのだろうか? びっくりしました。高架下にはかなりの数の店舗があるからどうなるのだろう。コカ・レストランは今ある「有楽町店」(ビックカメラがあるビル)に統合されてしまうということなので、規模はかなり小さくなるようだ。店長は「ララポート豊洲」内の「フード・サーカス」の方に移るということだった。さて5月20日までは特別料金の料理もある。今回ご紹介するのは「ガイヤーン」という鶏の焼いた豪快なもの。通常価格@1900円が、お店終了までは特別価格@1200円と700円もお徳で提供されていた。この料理、ボリュームもあるし、ちょっとスパイシーなタレに掛けて食べると実に美味しいお薦め料理の一つだ。

「ミシュランガイド北海道2012特別版」
先日発売されたはずの「ミシュラン・ガイド・北海道」なのだが、どこの書店にもない。全て売り切れでインターネットの「アマゾン」のサイトでは「新中古本」が8000円以上で売り出されていた。2012年版は「東京横浜湘南」「京都大坂神戸奈良」ときて今回は飛んで「北海道」だから初版の数(5万部)が少なかったのかもしれないが、読みたい時にないのは一番頭に来る。その内増刷されるのだろうが、待ち遠しい。追伸:既に発売日前日に増刷が決定していたみたいだ。きっと引き合いが多かったのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です