1月18日

雪が降る札幌を後にして一路「帯広」と向かう。途中から晴れ渡る空。そして帯広へ到着。
駅前の温度計は「マイナス6度」。空気が冷え切っていて、吸い込むと胸が痛い。目的の「豚丼」の店「鴨川」まで歩く。着くと「店の開店は11時50分で、馴染みの客のために一見さんは待て」と書かれていた。しかし11時30分には私一人しか並んでいなかったのに寒いだろうからと入れてくれた。「醤油ベースの豚丼」を頼む。ついでに昨年来たときのことをご主人に話すと「馴染み客が入れるように実は11時から開けている」という。「次回からはあなたは入ってきてもいいよ」と言われた。前回は「味噌味ベースの豚丼」を食べたが、今回は醤油ベースにした。まあまあ味噌味のほうがやはり美味しいかな?「ミシュランガイド」で星を取ったころから続く混乱はまだまだ続いているようだ。しかし「帯広名物、豚丼」なかなかのものですよ。一度試して御覧なさい。安くて?美味しいよ。今回は@980円でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です