「月齢2.8の月」

有楽町「イトシア」前で観た午後6時の月だ。月齢は「2.8」ほぼ三日月の美しい月だった。

2013年の映画のお話し
映画「脳男」(日比谷スカラ座にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年21作目)
日本映画にしては珍しく「爆破」と「殺人」シーンが多い。知泊フ力全てで超人的な迫ヘを持つ男は痛みを感じず、感情がないまるで「殺人ロボット」のようだった。連続爆破犯を追う警察が捕らえた男がこの「脳男」だったが、彼は真犯人ではなく、犯人を殺そうとする善人役だった。よく分からない映画でした。

映画「命をつなぐヴァイオリン」(日比谷シャンテシネにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年22作目)
第二次世界大戦下の・A、ウクライナ。ドイツ軍の侵攻で逃げ惑うユダヤ人。だがそこには二人の男女の音楽の「神童」がいた。彼等に命じられたのはドイツ軍人達の前での「完璧な演奏」だった。失敗すれば収容所行き。少年はヴァイオリンを、少女はピアノを弾く。果たして演奏は?

映画「パーカー」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年23作目)
強奪犯5人組が仲間割れを起こした。一人殺されかけた主人公パーカーが裏切り者達を追い詰める活劇。

映画「ゴーストライダー2」(丸の内ピカデリーにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年24作目)
父親の命のために自分の身を悪魔に売った男は、悪を見ると突然ゴーストライダーに変身するというもの。荒唐無稽なお話しでした。

映画「ムーンライズ・キングダム」(日比谷シャンテシネにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★★(今年25作目)
豪華俳優陣が出ているとは信じられない映画だ。アメリカ東部の小さな島で起こった出来事。二人の少年少女が団体行動中のボーイスカウトから逃げ出した。所謂「駆け落ち」というもの。登場する「親」「隊長」「警官」「保護司」と多才なのだが、まるでお伽噺のようだ。純粋な少年少女の気持ちが美しい。

映画「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ」(ヒューマントラストシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年26作目)
ニューヨークで開かれた9歳から19歳までのプロの「ヴァレーダンサー」を目指す男女の決勝戦の舞台をドキュメントする。題名は「ヴァレーの第一歩」、踵を付けて、つま先を180度開いた状態、これがヴァレーの基礎中の基礎だという。感動の映画でした。

映画「二郎は鮨の夢を見る」(ヒューマントラストシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年27作目)
「数寄屋橋 次郎」といえば超有名な鮨店。ミシュランガイド3つ星シェフ最高齢者が彼「小野二郎」85歳だ。お任せコース、20貫の握り鮨で一人当たり3万円よりというのが高いか、安いか、ご自身で判断されるべきだろうが、握るまでに既に95%の仕事は終わっているという。皆お客は満足して帰っていった。日本の鮨文化の原点なのだろう、彼の仕事は。

日経新聞2月15日夕刊「シネマ万華鏡」によれば、「ゼロ・ダーク・サーティ」が4つ星、「故郷よ」が4つ星、「ダイハード・ラストデイ」が3つ星、「レッド・ライト」が3つ星、「王になった男」が4つ星、「約束、名張毒ぶどう酒自県死刑囚の生還」が3つ星、「先祖になる」が4つ星でした。

「私の去年2013年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、
今年の★★★★は、「シェフ」「アルバート氏の人生」「ライフ オブ パイ」「東京家族」「ムーンライズ・キングダム」

「シノプスシ208」
「海より深し」(岡本 さとる 著)祥伝社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年41冊目)「取次屋栄三」シリーズ第8弾

「騙り者」(藤井 邦夫 著)文春文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年42冊目)「秋山久蔵御用控」シリーズ第9弾

「妖談ひときり傘」(風野 真知雄 著)文春文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年43冊目)「耳袋秘帖」シリーズ第20弾

「状箱騒動」(佐伯 泰英 著)幻冬舎文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年44冊目)「酔いどれ小藤次留書」シリーズ第19弾

「孤高の若君」(早見 俊 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年45冊目)「鳥見役京四郎裏御用」シリーズ第1弾
「まやかし舞台」(早見 俊 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年46冊目)「鳥見役京四郎裏御用」シリーズ第2弾
「魔笛の君」(早見 俊 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年47冊目)「鳥見役京四郎裏御用」シリーズ第3弾
「悪謀討ち」(早見 俊 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年48冊目)「鳥見役京四郎裏御用」シリーズ第4弾

「飛び梅」(藤原 緋沙子 著)文春文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年49冊目)「切り絵図屋清七」シリーズ第3弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です