「ラファエロ展」

こちらは上野の「国立西洋美術館」で開催中だ。「エルグレコ」より少し前の16世紀前半の画家だが、こちらも同時代の「ミケランジェロ」や「レオナルド・ダ・ヴィンチ」らから影響を受けたりした当代きっての方だから、皆さんご存知だろう。イタリアのフィレンツェとローまで工房を作り、弟子達も沢山要請した画家だという。特に「大公の聖母」は傑作でした。ヨーロッパ各地の美術館から集めてきた今回の絵画展、観る価値ありですね。

「上野の桜」
3月16日に開花した東京の桜だが、一気に約1週間で満開になった途端に「花冷え」が訪れて真冬並みの気温になったこともあり、どうやら3月一杯は花も持ちそうだ。上野も流石に「花見客」は激減しているが、逆に「春休み」中の子供たちを連れた家族たちが本当に多い。勿論狙いは「花より団子」ならぬ「動物園」なのだろうが、本当に混雑していた。手軽に訪れることが出来る観光地は今が花盛りでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です