「手前勝手世界食物語、第316」

第二日目
昼食は、「鴨料理」ということだったが、先月にフランスで食べた鴨と比べると、「これが鴨?」と言いたい位のもので、鴨肉の挽肉を詰め物状態にしたものだった。これは駄目だった。夕食は、「サーモン」だったが、フランス風に焼いたサーモンに白ワインメ[スをかけてあったが、逆でメ[スなしが本当は美味しいのに、むしろ素材の味を壊していた。また白ワインのボトルを頼んだが、こちらは20数ドルのワインを頼んだつもりだったのが(添乗員経由でオーダーしたのだが)64ドルも請求された。全くおかしな話しだ。憤慨してます。料理も美味くなかった。

第三日目
昼食は、ホテルでのバイキングだった。時間帯が重なるとお客で一杯になり、おいそれと食べられないのがビュッフェスタイルの食事だ。特に私はダイエット中なので、遠慮しいしい食べた。夕食はステーキ。女性の方と交換してちょっと大きめの肉をいただく。赤身のステーキでちょっと焼き過ぎかとは思ったが、まあまあでした。白ワイン1000mlで39.5ドルでした。

第四日目
朝はいつもと同じでコーヒー、牛乳、味噌汁、果物、そしてヨーグルト。昼は遊覧船の中での井握り弁当。これは食べなかった。夕食はレストランで「タラのャeー」だったが、本当に欧米人はタラが好きだね。魚というと必ず出てくる。日本人にとっては魚は必需品だが、今カナダは「寿司ブーム」に沸いているという。独特の寿司になっているのだろうが、それでも世界的に日本の美味しい食文化が認められたということは嬉しいことだ。ワインは36ドルでした。まあまあ美味しかった。

第五日目
昼食は州立公園でのお弁当。夜はホテルのレストランでの中華料理。これもいい加減な中華料理でした。美味くないし、サーブも悪いし、最悪の夕食でした。語る気もしないね。紹興酒45ドル、高いね。ぼったぐりだよ。

第六日目
昨日の夕食は殆ど食べていないからお腹が減った。ダイエットにはよかったが、お腹の皮と背中の皮が付きそうです。腕時計がぐるぐる回るほどになった。少しは痩せたかな?ダイエットは成功するかな?昼はナイアガラで鳥料理、鳥の足が一本出てきた。夜は和食、刺身、酢の物、鮭の塩焼き、ご飯に味噌汁といった具合。カナダではましな和食なのだろうか?まあ、和食を食べる気にもならないが、白ワインを一本飲んだ。ここではサービス料15%、税金15%と30%も取られるから結局高いものになってしまう。45ドルでした。
以上、勢古口がカナダよりお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です