「カナダのアイスワイン」

先日訪れたカナダのナイアガラでアイスワインを買ってきた。前回もご紹介したが、カナダでもこの地方は南の方だから「ワイン用の葡萄」が栽培されている。更に秋から冬に掛けて気温が下がるので葡萄が凍りつく。これが「アイスワイン」にはもってこいの気候なのだと言う。元々ワインを造るために育てた葡萄が偶然のことで凍りつき、どうしようかと悩んでいたドイツでこの葡萄の実をワインにして見たら非常に甘く美味しいワインが出来たことから「アイスワイン」が発見されたという。ナイアガラでは最初からアイスワインにする目的で育てられている葡萄だが、この地にあった製造方法なのだろう。普通のワインより値段も高いから手間は掛かるのだろうが、ワイナリーの利益率も上がるのだろう。さて「ワイン・ツーリズム」という企画があった。11月9日10日に山梨県内のワイナリーを廻るコースがいくつか設定されていて、試飲をしながらワイナリーでワインを楽しむというものだ。これに垂オ込んで9日に行って見ることとした。

2013年の映画のお話し
映画「42/世界を変えた男」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年184作目)
初の黒人大リーガーの苦労話。1945年だから戦後まもなくだから、人種差別が渦巻いていたアメリカだった。

映画「スティーブ・ジョブズ」(日劇にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年185作目)
カリスマなのか、狂人なのか、天才なのか、全く不可思義な男の伝記です。

映画「パーシー・ジャクそンとオリンパスの神々/魔の海」(スカラ座にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年186作目)
ギリシャ神話からのお話しで、「ハーフゴッド」と言う子供たち。神と人間とのハーフの事だという。

映画「SPEC」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年187作目)
全くよく分からない映画だった。SPECとは超迫ヘ者だということは分かったが。

映画「2ガンズ」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年188作目)
メキシコの麻薬王を逮捕しようとして潜入捜査をしている「麻薬捜査官」と「海軍の軍人」。お互いの思惑が交錯し偶然4200万ドルを盗むことになるが、そこにCIAやらが絡み複雑な対決となる。果たして二人の運命は?

映画「恋するリベラーチェ」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年189作目)
実在だった1970年代から80年代に掛けて、ハリウッドを中心に活躍したピアニストとその恋人?を描く。ゲイの世界だ。主演がマイケル・ダグラスとマット・デイモンだから信じられない。

映画「その愛へと続く旅」(TOHOシネマシャンテにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年190作目)
1984年のボスニア紛争当時にサラエボで出会ったイタリア女性とアメリカ男性のその後なのだが、成長した息子と共に招かれ訪れたサラエボで観たものは?結末が驚きだった。サラエボには私も訪れたことがあるので痛切に当時のことを思い出した。

日経新聞11月8日付け夕刊「シネマ万華鏡」の評価によれば、「いとしきエブリデイ」が4つ星、「49日のレシピ」が3つ星、「恋するリベラーチェ」が3つ星、「キャリー」が3つ星、「清須会議」が3つ星、「ルームメイト」が3つ星、「風俗行ったら人生変わったWWW」が4つ星でした。

「私の去年2013年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、「舟を編む」「少年H」「タイピスト」「そして父になる」
今年の★★★★は、「シェフ」「アルバート氏の人生」「ライフ オブ パイ」「東京家族」「ムーンライズ・キングダム」「ジャンゴ」「愛、アムール」「ヒチコック」「天使の分け前」「藁の盾」「アイアンマン3」「ラストスタンド」「カルテット」「旅立ちの島唄」「奇跡のリンゴ」「アンコール」「真夏の方程式」「ワイルド・スピード ユーロミッション」「風立ちぬ」「クロワッサンで朝食を」「最愛の大地」「スマイル・アゲイン」「サイド・エフェクト」「凶悪」「グランド・イリュージョン」「危険なプロット」

「シノプスシ241」
「澪つくし」(北原 亜以子 著)講談社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年299冊目)「深川澪通り木戸番小屋」シリーズ第5弾

「新緑の訣別」(早見 俊 著)新潮文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年300冊目)「やったる侍涼之進奮闘剣」シリーズ第4弾

「秘剣の秋」(早見 俊 著)カドカワ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年301冊目)「八丁堀夫婦ごよみ」シリーズ第8弾

「龍眼」(佐々木 裕一 著)祥伝社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年302冊目)「隠れ御庭番老骨伝兵衛」シリーズ第1弾

「喧嘩旗本 勝子吉事件帖」(風野 真知雄 著)祥伝社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年302冊目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です