「芸術の秋」

「印象派を超えた点描の画家たち」
六本木の「国立新美術館」に行った。そこでは今奄ノなっている「日展」も行われていたが、私が訪れたのは「ゴッホ、スーラからモンドリアンまで」と銘打った「クレラー=ミュラー美術館所属作品」を中心にした「印象派を超えた点描の画家たち」という展覧会だった。19世紀末から20世紀初頭の「純粋色の小さな点で描く斬新な点描技法を開発したスーラ」は新印象派を代浮キる画家、また劇的な色使いで知られる「ファン・ゴッホ」、調和に満ちた抽象絵画で名高い「モンドリアン」などの絵画が集められていた。以上の文句はカタログから取ったもの。私の言葉で言えば「これが点描なのか!驚きだ」ということだ。ゴッホも沢山あったが、彼の「種まく人」は展覧会のパンフレットにも載っているが、小さな点の集まりが独特の色彩を浮墲オ、驚きの阜サ力を出している。素晴らしい絵だった。必見の展覧会だ。期間は12月23日まで、まだまだ余裕があるが、早目に行かれることをお薦めする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です