「レトロな銀座線」

「J  REPORT 2014 1月第4週号」
「リタイアメント・ノート 5年7ヶ月目」、
「VOL。830 SINCE AUG.12th、1983」
「レトロな銀座線」」
昨年8月に愛車を売却してからは、どこに出掛けるのも「都バス」か「都営地下鉄」或いは「東京メトロ地下鉄」を利用しているが、久々に「地下鉄銀座線」に乗ったら、「レトロ」な車両がやって来た。昔風なスタイルと色合いだが、中身は最新鋭の地下鉄車両だった。地下鉄の銀座線の車両基地は地上にあり、その出入り口は上野の先にある。あの車両基地に行けばいつでも観ることが出来るのだろう。それにしても懐かしい車両でした。

「シャワー式トイレ」
日本では普及しているシャワー式トイレだが、一向に欧米では、或いは世界的には普及していない。なぜなのか?欧米では「バスルーム」形式になっていて、トイレとシャワーやバスタブが一体となっていることから、感電の問題があり、シャワー式トイレが普及しない原因の一つだという。アジアやアフリカではトイレには別途水が出るものがあり、水を使って左手でお尻を洗う風習がある。だから将来的には普及する可能性はあると思うのだが、海外旅行すると欧米では本当に困る。シャワー式トイレに慣れた日本人にとっては辛いことになる。私は「携帯式シャワートイレ」を持参して旅行している。

「次の旅行は?」
1月21日から28日まで二度目の「トルコ」旅行に行ってきます。例の「3S会」のメンバーと一緒です。従って「J REPORT」の更新は28日になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です