「新富町の桜」

「新富町の桜」
首都高速の出入り口がある東京都中央区新富町でも桜が満開を迎えていた。この辺りは都心部とはいえ、かなり個人の住宅がある。昔の古い一戸建てから古そうなアパート風のもの、小さな食べ物屋も多い。都心の下町といった具合か?

「さいたま歴史研究会4」
塾長を別にして聴講者は老人男性4名(含む私)と女性3名が会のメンバーだ。男性陣は例の3S会のメンバーと自宅を提供してくれているこれもまたS氏という。3S会のサーさんの中学高校の同級生だ。女性陣は子育ても終えて充実した生活をしている中年の方たち。皆さん共通点は「埼玉出身の埼玉県人」だということだ。私一人だけ違う。でもまあほぼ同年代の人たちが月に一回集まって塾長の歴史講話を聴く。そんな会なのだ。3S会のスーさんが先月は「外国人観光客向け通訳ガイド」の試験に受かり、実地訓練で関西方面で一週間過ごされたという。30人から40人の外国人観光客を一日預かって、観光地を巡り、解説し、案内し、スケジュール管理も行うというのだから大変だ。苦労ばかりだろうし、第一時間を守らない人も絶対にいるし、外国人、特に某国の人たちの我が儘を聞くのは大変だろうなと思っている。さてそのスーさんからお誘いを受け、5月中旬に二度目のクロアチアを含めたバルカン半島の旅に行くことになった。美しいクロアチアの港町、昔はベネツィアの植民地の街だったところだ。楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です