「大英博物館」

「J  REPORT 2015 6月第2週」
「リタイアメント・ノート 6年12ヶ月目」、
「VOL。902 SINCE AUG.12th、1983」
「大英博物館展」
イギリスのロンドンにある大英博物館、そこから限定された100点が日本にやって来ていた。場所は上野の「東京都美術館」。国立東京博物館では「鳥獣戯画展」がやっており、こちらは90分待ちとのことだったが、大英博展のほうは比較的空いていた。古代から近世にまでの人類の歴史上の貴重な作品群だったが、これが大英帝国の戦利品かと思うと不思議な気持ちだった。必見の価値ある展覧会でした。日本産としては柿右衛門作、有田焼の象の置物が出展されていたが、素晴らしいものだった。本場の大英博物館には2度訪れたことがある。1989年と2009年の2回だ。エジプトのミイラの多さに驚いたのと、ロゼッタ・ストーンの現物を見た時の感動は忘れられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です