「南インド料理、ダバ インディア」

「手前勝手世界食物語、第372号」
「南インド料理、ダバ インディア」
日本橋から銀座に行く時にいつも行列が出来ている店がある。中央通りから一本東京駅側の一方通行の通りの京橋寄りにあるのだが、看板には「南インド料理」と書かれてあった。先日、その前を通ったら列がなかった。店がオープンしたばかりのようだったので入ってみた。結構大きな店で、開店直後でも半分ほど席が埋まっていた。分からないのでコース料理を頼んだ。色々な南インド料理が出てきた。南インドには行ったことはないが、料理は歌舞伎座近くのこれも専門店で食べた経験はある。余り辛くないのが特徴だったと思う。何品目かにカレーが出た。白いのが「ヨーグルトのカレー」、そして「野菜のカレー」と「マトンのカレー」が出たが、これならば辛くなく普通の日本人にも食べられるだろう。昔は辛いものを沢山食べたが、今は歳だろうか、辛い物を食べるとお腹がおかしくなる。だから昔ほど辛いものは食べなくなった。それでも一番好きなのは「四川火鍋」だから困ったものだ。さてこの店「ダバ インディア」はあっという間に満席になってしまった。リーズナブルな価格と本格的な南インド料理の味が決め手なのだろう。
以上、勢古口が東京からお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です