「向島百花園」

「J  REPORT 2022 10月第1週号」 
「リタイアメント・ノート 13年4ヶ月目」
「VOL.1284 SINCE AUG.12th、1983」
「走るな! 転ぶな! 風邪引くな!」が老人には大切らしいです。

「向島百花園」
年に一度は訪れたい場所だ。向島は江戸時代から風光明媚な地としてお金持ちの商人の別荘が建てられていたという。今は住宅が密集していてそんな面影を残すのはこの百花園など数少ないものとなってしまっている。しかし、都会の中の正にオアシスのように小さな庭だが、季節毎の花々が咲き静かな趣のある場所だ。その日もかなりの人が訪れていた。(写真:A1)
(写真:A2)
句碑がここには数多くある。(写真:A3)


井戸だ。(写真:A4)
ハギの花だ。今が盛りだ。(写真:A5)
花音痴の私には何の花だか分からないので花の名はお許し願う。(写真:A7)
ハギの花のトンネルだ。(写真:A8)
(写真:A9)
(写真:A10)
池がある。(写真:A11)
(写真:A12)
青い花。(写真:A13)
白い花。(写真:A14)ススキ。(写真:A15)
秋の花々が咲いていた。(写真:A16)
(写真:A17)
(写真:A18)
都会の喧騒から逃れられたひと時を東屋で過ごす。隣にはヒョウタンが。(写真:A20)
江戸時代、元禄よりも文化が花開いたのが「文化・文政」期(1804-1830)である。商業が発達したことから商人が台頭し富を築いた時代だった。当時の骨董商だった佐原鞠鵜が交流のあった江戸の文人墨客の協力を得て開園したものだ。
(写真:A21)
ここを訪問した二日後にテレビでも放送していました。
隠居生活を求めていた私は50歳で早期退職制度を使って転職し、且つ更に60歳を前にしてサラリーマン生活を打ち切った。もし江戸時代だったら、こんなところに隠居所を設けることは出来なかったが、私の性格上多分のんびりした生活などは出来なかったろうと想像する。以前「隠居生活への憧れ」と題して書いたことがあったが、今でも早く辞めて正解だったと思っている。

「今週の映画と本」

「今週の映画と本」
「アバター 3Dリマスター」(TC日比谷にて)私的評価★★★★★(今年84作品目)
何年か前に見た映画の復刻版だが、実に面白かった。調べてみたら2009年に公開されていた。内容は所々覚えてはいるものの、完全には思い出せなかったが、本当に素晴らしい映画でした。映画の世界を劇的に変えたものでした。

「アイ・アム まきもと」(UC豊洲にて)私的評価★★★★(今年85作品目)
鳥海山の麓、荘内平野には冬になると白鳥が訪れる。そんな荘内市役所に「おみおくり係」なるものがあり、牧本はそこに勤務している。多発する老人の孤独死。牧本は自費でそんな身元不明者の葬儀を行っていたが、世の流れに逆行しているとして庁内で大反対となる。果たして彼はどこへ行くのか?

9月30日付け読売新聞夕刊の「シネマ」では「LAMB/ラム」、「秘密の森の、その向こう」、「ドライビング・バニー」、「マイ・ブロークン・マリコ」、「プリンセス・ダイアナ」が紹介されていました。

また30日付け日経新聞夕刊の「アートレヴュー」の評価は、「ドライビング・バニー」が4つ星、「愛している!」が5つ星、「アイ・アム まきもと」が4つ星、「ボダレス・アイランド」が3つ星、「プリンセス・ダイアナ」が
3つ星、「ミューズは溺れない」が3つ星、
「響け!情熱のムリダンガム」が3つ星、「1950 鋼の第7中隊」が2つ星でした。

「私の2022年の映画の評価は?」あくまで私の私感ですからね!
★★★★★=「ゴヤの名画と優しい泥棒」「ベルファスト」「大河への道」「PLAN75」「峠 最後のサムライ」「エリザベス 女王陛下の微笑み」「ベイビー・ブローカー」「エルヴィス」「アキラとあきら」「アバター3Dリマスター」
★★★★=「クライ・マッチョ」「スティルウォーター」「コーダ あいのうた」「オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体「ザ・バットマン」「林檎とポラロイド」「ガンパウダー・ミルクシェイク」「オートクチュール」「ナイトメア・アリー」「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」「名探偵コナン ハロウィーンの花嫁」「親愛なる同志たちへ」「トップガン マーヴェリック」「アルピニスト」「ボイリング・ポイント」「アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台」「ロッキーVSドラゴ」「異動辞令は音楽隊!」「アイ・アム まきもと」

「私の2021年に観た映画は107本でした」
特によかったのは、★★★★★=「ある人質」「ノマドランド」「ドライブ・マイ・カー」でした。
2022年アカデミー賞でドライブ・マイ・カーが国際長編映画賞を受賞。

「2022 観劇シリーズ」 2021年の歌舞伎観劇は11度でした。
寿初春大歌舞伎(歌舞伎座)第2部観劇。
新作歌舞伎「プぺル~天明の護美人間」(新橋演舞場)朝の部を観劇。
2月大歌舞伎第2部を観劇。「春調娘七種」&「義経千本桜 渡海屋大物浦」。
3月大歌舞伎第2部を観劇。「河内山」&「芝浜革財布」
4月大歌舞伎第2部を観劇。「荒川の佐吉」&「義経千本桜」
5月大歌舞伎第2部を観劇。「暫」&「土蜘」
6月大歌舞伎第2部を観劇。「信康」・「勢獅子(きおいじし)」
7月大歌舞伎第2部を観劇。「夏祭浪花鑑」=主演は海老蔵。「雪月花三景」=海老蔵、ぼたん、堀越勘弦の親子
納涼8月大歌舞伎第2部観劇。「安政奇聞佃夜嵐」「浮世風呂」
秀山9月大歌舞伎第2部を観劇。「松浦の太鼓」「揚羽蝶繍姿」
芸術祭十月大歌舞伎第2部を観劇予定。

「2022年旅暦」
1月に福岡・博多、北海道・札幌、富山、2月に富山・氷見、福岡、熊本、長崎・佐世保、大宰府、石川・金沢、3月に北海道・釧路、そして石川・橋立、4月は札幌に、信州(松本、長野)と東北(米沢)に、6月には宮古島へ、下旬には釧路に避暑、8月には長岡に花火見物に、9月には今年4度目の北海道へ行きました。
また11月には4S会で新潟北陸へ行く予定です。
また海外には32度目のハワイに8月に行き、次のハワイは11月の予定です。

「2022 本の記憶シリーズ」  2021年の読書数は、277冊でした.
「山桜花 大岡裁き再吟味」(辻堂 魁 著)講談社文庫 私的批評眼★★★★(今年218冊目)

「とんとん拍子」(野口 卓 著)集英社文庫 私的批評眼★★★(今年219冊目)「めおと相談屋奮闘記」シリーズ第8弾

「花下に舞う」(あさの あつこ 著)光文社文庫 私的批評眼★★★★(今年220冊目)「弥勒」シリーズ第10弾

「落日」(湊 かなえ 著)ハルキ文庫 私的批評眼★★★(今年221冊目)

「蜜蜂と遠雷 上」(恩田 陸 著)幻冬舎文庫 私的批評眼★★★★★(今年222冊目)
久し振りに引き込まれる作品を読んだ。本を貸してくれたA君に感謝。

「蜜蜂と遠雷 下」(恩田 陸 著)幻冬舎文庫 私的批評眼★★★★★(今年223冊目)
直木賞と本屋大賞を同時受賞した作品。

「ふるさと銀河線」(高田 郁 著)双葉文庫 私的批評眼★★★(今年224冊目)

「神奈川会開催す」

「神奈川会開催す」
月に一度だけ開催している「神奈川会」なるものとは毎度申し上げるように中学校の同級生の集まりだ。基本は神奈川県生まれか現在神奈川県に住んでいるか等々である。元々中学のクラスは50名だったが、既に10名ほどが冥界に旅経った。その中から今現在この会は10名だ。毎回個人的な経歴を披露しあっている。今回は医師のT君の番だった。医学部に進学した彼は最終的に外科医として、特に膵臓がんの名手として500例超の手術を行ったという。肝胆膵班の責任者として活躍されたことに感銘させられた。人の命を救うという仕事に付かれたこと時代凄いが私には絶対に出来ないことだと今更ながら感銘を受けました。T博士の論文は、著作19編、欧文論文8編、邦文論文64編、国際学会発表21題、国内学会発表151題等々になるという。所属する学会は23にも上るという。いやあ恐れ入りました。今も現役の医師であるT君、まだまだ頑張って患者さんを助けて上げてください。
なお当日は9名の出席でした。(写真:K1)

「これで3度目のサイゴン」

「手前勝手世界食物語、第637話」
「これで3度目のサイゴン」
サイゴンはベトナム料理&中国料理という二か国の料理を提供してくれる店で、今回で3度目となる。(写真:S1)
(写真:S2)
まずお酒を頼む。桂花陳酒というらしい。ちょっと甘めのお酒だ。(写真:S3)
いつも通りまずは春巻を。最初は「揚げ春巻」から。(写真:S4)
次が「生春巻」(写真:S5)
実にこの店の味はグッドだ。コックさんの腕がいいのか?本当に美味い。
「海鮮春雨サラダ」(写真:S6)
結構ボリュームがある。でも美味しい。
締めは勿論「ソフトシェルクラブ」(写真:S7)
脱皮した蟹を揚げたもので抜群の美味さだ。
この店、本当に美味しいものを出す。ほぼ2か月か3か月に一度は来ているお気に入りの店でした。
以上、秋本番の東京より勢古口がお送りしました。

「バスターミナル東京八重洲・プレオープン」

「J  REPORT 2022 9月第5週号」 
「リタイアメント・ノート 13年3ヶ月目」
「VOL.1283 SINCE AUG.12th、1983」
「走るな! 転ぶな! 風邪引くな!」が老人には大切らしいです。

「バスターミナル・東京八重洲・プレオープン」
いよいよ東京駅前の「東京ミッドタウン八重洲」がオープンする前に「バスターミナル」がプレオープンした。
本格的にはまだ先だが、一部のバス乗り場が移設されてきていた。
まずはミッドタウン八重洲を。(写真:A1)
(写真:A2)
八重洲にあった元のバスターミナルは一部が閉鎖されていた。(写真:A3)
(写真:A4)
(写真:A5)
東京駅の八重洲南口から階段を降りるとそこは「トウキョウ・カレー・カルテット」となっていた。(写真:A6)
4軒の店が入っていた。(写真:A7)
地下1階を更にミッドタウン方面に進むと、オープンしたばかりの食の街があった、(写真:A8)
人気の立ち食い寿司は結構混んでいた。(写真:A9)
担々麺専門店もある。(写真:A10)
発券所も地下1階にある。(写真:A11)
(写真:A12)
平面図だ。これでもまだ半分だろう。(写真:A13)
地下2階が発着場だ。バスも待機していた。(写真:A14)
(写真:A15)
行先案内と時刻表だ。(写真:A16)
まだバスが着いていない停留所が多い。(写真:A17)
地下2階から1階へと移る。(写真:A18)
バスが発車して行く。(写真:A19)
バスはミッドタウンの南側から出て、左折し東京駅とは反対の中央通りに向かい、そこを右折していった。
今後徐々にバスの発着が増えていき、東京駅八重洲口も整理されるのだろう。楽しみだ。

「今週の映画と本」

「今週の映画と本」
「秘密の森の、その向こう」(HTC有楽町にて)私的評価★★★(今年83作品目)
何とも不思議な映画でした。二人の8歳の女児が偶然森で知り合うのだが、それぞれの家は実は次元が異なっているというのだ。その結果、二人の関係は?奇妙な映画でした。

9月16日付け読売新聞夕刊の「シネマ」では「LAMB/ラム」、「トップガン マーヴェリック」、「百花」、「3つの鍵」、「秘密の森の、その向こう」、「川っぺりムコリッタ」、「ヘルドック」、「よだかの片想い」、「犬も食わねど、チャーリーは笑う」が紹介されていました。
また24日付け日経新聞夕刊の「アートレヴュー」の評価は、「秘密の森の、その向こう」が5つ星、「渇きと偽り」が4つ星、「バビ・セール」が5つ星、「暴力をめぐる対話」が4つ星、「LAMB ラム」が4つ星、「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」が3つ星、「犬も食わねどチャーリーは笑う」が3つ星でした。

「私の2022年の映画の評価は?」あくまで私の私感ですからね!
★★★★★=「ゴヤの名画と優しい泥棒」「ベルファスト」「大河への道」「PLAN75」「峠 最後のサムライ」「エリザベス 女王陛下の微笑み」「ベイビー・ブローカー」「エルヴィス」「アキラとあきら」
★★★★=「クライ・マッチョ」「スティルウォーター」「コーダ あいのうた」「オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体「ザ・バットマン」「林檎とポラロイド」「ガンパウダー・ミルクシェイク」「オートクチュール」「ナイトメア・アリー」「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」「名探偵コナン ハロウィーンの花嫁」「親愛なる同志たちへ」「トップガン マーヴェリック」「アルピニスト」「ボイリング・ポイント」「アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台」「ロッキーVSドラゴ」「異動辞令は音楽隊!」

「私の2021年に観た映画は107本でした」
特によかったのは、★★★★★=「ある人質」「ノマドランド」「ドライブ・マイ・カー」でした。
2022年アカデミー賞でドライブ・マイ・カーが国際長編映画賞を受賞。

「2022 観劇シリーズ」 2021年の歌舞伎観劇は11度でした。
寿初春大歌舞伎(歌舞伎座)第2部観劇。
新作歌舞伎「プぺル~天明の護美人間」(新橋演舞場)朝の部を観劇。
2月大歌舞伎第2部を観劇。「春調娘七種」&「義経千本桜 渡海屋大物浦」。
3月大歌舞伎第2部を観劇。「河内山」&「芝浜革財布」
4月大歌舞伎第2部を観劇。「荒川の佐吉」&「義経千本桜」
5月大歌舞伎第2部を観劇。「暫」&「土蜘」
6月大歌舞伎第2部を観劇。「信康」・「勢獅子(きおいじし)」
7月大歌舞伎第2部を観劇。「夏祭浪花鑑」=主演は海老蔵。「雪月花三景」=海老蔵、ぼたん、堀越勘弦の親子
納涼8月大歌舞伎第2部観劇。「安政奇聞佃夜嵐」「浮世風呂」
秀山9月大歌舞伎第2部を観劇。「松浦の太鼓」「揚羽蝶繍姿」
芸術祭十月大歌舞伎第2部を観劇予定。

「2022年旅暦」
1月に福岡・博多、北海道・札幌、富山、2月に富山・氷見、福岡、熊本、長崎・佐世保、大宰府、石川・金沢、3月に北海道・釧路、そして石川・橋立、4月は札幌に、信州(松本、長野)と東北(米沢)に、6月には宮古島に、更に6月の下旬には大人の休日俱楽部パスで米沢、長野、勝浦に、7月に九州(博多、熊本、佐賀)と佐渡島へ、下旬には釧路に避暑、8月には長岡に花火見物に、9月には今年4度目の北海道へ行きました。
また11月には4S会で新潟北陸へ行く予定です。
また海外には32度目のハワイに8月に行き、次のハワイは11月の予定です。

「2022 本の記憶シリーズ」  2021年の読書数は、277冊でした.
「池端の子」(金子 成人 著)双葉文庫 私的批評眼★★★(今年210冊目)

「鉄扇」(鈴木 英治 著)小学館時代文庫 私的批評眼★★★(今年211冊目)「突きの鬼一シリーズ第8弾完

「汝、戟とばせ1」(門田 泰明 著)徳間時代文庫 私的批評眼★★★(今年212冊目)「拵屋銀次郎半畳記」シリーズの内の第1弾

「浪人半九郎」(鈴木 英治 著)光文社文庫 私的批評眼★★★(今年213冊目)「父子十手捕物日記」シリーズ第15弾

「月を抱く女」(和久田 正明 著)光文社文庫 私的批評眼★★★(今年214冊目)「牙小次郎無頼剣」シリーズ第4弾

「姉妹の絆」(佐々木 裕一 著)講談社文庫 私的批評眼★★★(今年215冊目)「公家武者信平」シリーズ第13弾

「神無の恋風」(千野 隆司 著)双葉文庫 私的批評眼★★★(今年216冊目)「湯屋のお助け人」シリーズ第5弾完

「片手斬り」(風野 真知雄 著)双葉文庫 私的批評眼★★★(今年217冊目)「若さま同心徳川竜之介」シリーズ第11弾

「秀山九月大歌舞伎観戦記」

「秀山祭九月大歌舞伎・観劇記」(写真:K1)
九月の歌舞伎座は「二世中村吉右衛門一周忌追善」と銘打った出し物でした。(写真:K3)
生憎の台風接近ということで雨の歌舞伎座前でした。(写真:K2)
昨年九月に亡くなられた二世吉右衛門の追善公演で、「秀山」とは初世吉右衛門の「俳名」である。
第二部目は「松浦の太鼓」と「揚羽蝶繍姿」。

「松浦の太鼓」
江戸時代12月15日は煤払いの日、赤穂浪士の一人「大高源吾(中村梅玉)」が笹売り姿で雪の両国橋を渡って来る。12月13日の宵の口の頃。偶然俳人の「宝井其角(中村歌六)」と出会う。別れ際に其角が「年の瀬や 水の流れと 人の身は」と詠うと、源吾は「明日待たるる その宝船」と答えた。
次の場面はその晩のこと。吉良邸の隣の屋敷では大名「松浦公(松本白鷗)」が赤穂浪士が討ち入りをしないのでイライラして、源吾の妹の「お縫(中村米吉)」に八つ当たりしていた。それを庇って其角が源吾と会った際の事を話す。その結果、歌の意味を知ろうとする松浦公。松浦公と赤穂の大石は同じ山鹿流の同門だった。
夜半過ぎに突然響きだす「山鹿流の陣太鼓」。はっと気が付く松浦公。すわ助太刀に向かおうとするが、そこへ源吾が駆けつけ無事仇討ち本懐を遂げたことを伝えるのでした。めでたし、めでたし。
(写真:K4)
(写真:K5)

「揚羽蝶繍姿」(あげはちょう つづれの おもかげ)と読む。
二世吉右衛門の当たり役ばかり集めた所謂名場面集のような歌舞伎でした。演目は「籠釣瓶花街酔醒」は桜満開の吉原での花魁道中を、「鈴ヶ森」では白井権八と幡隨院長兵衛との出会いを、「熊谷陣屋」では若き平熱盛を打ち取った熊谷直実が世を儚んで出家する様を、そして「播磨湯だんまり」では源平の人たちが赤旗を奪い合う様を描きました。

「秋風」

「秋風」
台風一過の晴れとはならなかった東京だが、薄ら日の中にも秋風の香りが漂いだし一気に秋の空気に覆われた。
そんな風に誘われて訪れたのは年間何度も伺う「浜離宮恩賜庭園」だ。(写真:B1)
入り口付近にある「三百年の松」。由来は天宝6年(1709年)第7代将軍「家宣」の時代にこの庭園が整備され松も植えられたということだ。(写真:B2)
樹木の寿命は本当に永いのに改めて驚かされる。屋久杉などは数千年にもなるというのだから。
庭園内のお花畑では今コスモスが盛んに咲いていた。(写真:B3)
オレンジ色(写真:B4)
(写真:B5)
(写真:B6)
汐留のビル群に囲まれて(写真:B7)
黄色も(写真:B8)
赤も(写真:B9)
紫に白も(写真:B10)
ピンクも(写真:B11)
(写真:B12)
秋色益々濃くなりつつあります。都会のオアシスより。

「彼岸花」

「彼岸花」
お彼岸となりいつもの通り青山墓地に墓参りに出掛けた。青山一丁目駅を降りて墓地に向かう途中で彼岸花を見つけた。(写真:C1)
今年初めて見た彼岸花だった。曼殊沙華が正しいのか。子供の頃、春と秋のお彼岸には我が家では必ず「ぼたもち」を造ってくれた。前の晩から支度をして母と義理の祖母とで造ってくれて大喜びで食べた記憶が蘇る。
年に2回の春と秋の彼岸が楽しみだったことを思い出す。
その日は晴れていて午後からの雨を心配していたが、なんとか雨は避けられた。いつもながら祖先を敬う気持ちで祈りを捧げた。(写真:C2)
以上、いよいよ秋を迎えた東京から勢古口がお送りしました。

「中秋の名月は満月」

「J  REPORT 2022 9月第4週号」 
「リタイアメント・ノート 13年3ヶ月目」
「VOL.1282 SINCE AUG.12th、1983」
「走るな! 転ぶな! 風邪引くな!」が老人には大切らしいです。

「中秋の名月は満月」
まず9日金曜日が「十四夜の月」だった。(写真:M1)
但しこの月は月齢13.8の月だった。
中秋の名月の10日土曜日は都内も雲はあったものの、6時過ぎに月が見え出すと雲の合間からその姿を確認でした。(写真:M2)
偶然にこの月が満月だったとかで実に美しい月でしたね。
そして11日日曜日は「十六夜の月」だ。しかし東京の空には雲が一面に。駄目だと諦めた。
しかし夜半過ぎには晴れて月も出てきました。(写真:M3)
右下が少し欠けた月は美しい物でした。
朝晩は過ごし易い空気となってきたが、またまた台風が列島を襲う予想もあり、月を楽しむのも一瞬なのだろう。
いよいよ季節は秋ですね。