「手前勝手世界食物語、第195話?」

「すきやばし 次郎 日本橋店」
日本橋高島屋本館4階にあの有名な「鮨処 すきやばし 次郎」日本橋店があるのをご存知だろうか?本店は数寄屋橋交差点近く、東映の並びにある教会の建物、確か塚本総業のビルの地下にある。一度以前訪れたが当然蘭?オていなかったので断られた。さて、高島屋の店に行ってみた。メニューは数種類の3150円から5250円までの定食みたいだったので、奮発して一番高い「彩(にぎわい)」@5250円を注文してみた。出て来たのは「中トロ」「鯛」「赤身鮪」「車海老」「鯵」「赤貝」「こはだ」「うに」「いくら」「穴子」「玉子焼き」だった。日本人は皆寿司が好きだ。私も例外に漏れず寿司は大好物だ。北からいくと、札幌の「ひょうたん寿司」、本塩釜の「すし哲」、東京東上野の「百万石」、大阪新地の「福美鮨」、小倉の「もり田」、博多の「河庄」、嬉野温泉の「まねき鮨」、ニューヨークの「すし安田」等々馴染みの店は多い。だから期待していたのだが、残念ながら何の感動もなかった。確かによいネタを使ってはいるのだろうが、余りにも平凡で特に不味いとは思わなかったが、決して美味いとも思わなかった。極々標準的な味で値段から考えると納得出来なかった。カウンターでお好みを注文すればまた違うのかも知れないが、基本的にはメミューにあるものを注文したのだから、それなりのものを出すべきではないのだろうか?5000円程度の安い?値段で美味しいものが食べられると思っているのか、と叱られてしまいそうな雰囲気でした。やはり庶民的な値段と味ではない店でした。まあ美味しい鮨を食べようと思ったら、最低でも1万円は払わないと駄目なのだろう。5000円では駄目でした。がっかり。
以上、桜が満開となっている東京から勢古口がお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です