「再びフェルメールを観る」

思い切って、再度上野の「東京都美術館」を訪れる。今回も「20分待ち」の看板が出ていた。並んで入場し、「音声ガイド機」を借り受ける。相変わらず「フェルメールの真珠の耳飾りの少女」の前には長蛇の列。オランダで有名な「レンブラントの自画像」、「ヤン・ブリューゲル(父)の万暦染付の花瓶に生けた花」、「ヤン・ステーンの親に倣って子も歌う」等があることは既にお話しした。今回は音声ガイダンスを聞きながら、ゆっくりと観て廻った。その後、「国立西洋美術館」の「常設展」を観た。この常設展も実は素晴らしい。私の好きな「ピーテル・ブリューゲル(子)の鳥わなのある冬景色」や「ヤン・ブリューゲルのアブラハムとイサクのいる森林風景」、「ヤン・ステーンの村の結婚式」、そして「ピカモフ男と女」等がある。フランス印象派の絵画も多いが、我が国が誇れる美術館だと思う。上野ではエジプトの「ツタンカーメン展」もやっている。見所も多いのが今の上野だ。フェルメール人気は当分やまないと改めて思った。

「大人の休日倶楽部で北海道へ」
今月末から来月上旬にかけて「JR東日本の大人の休日倶楽部・北海道東北・5日間乗り放題@23,000円」がまた始まる。1月にもこれを利用して北海道に行ったが、今回もこれを利用しての旅を計画しチケットを手配した。初日は「青森」で昼食にラーメンを食し、「札幌」まで一気に行く。夜はいつも行く鮨屋だ。2日目は、「帯広」で昼食に豚丼、南千歳乗換えで「函館」へ出る。夜は鮨屋を蘭?オた。3日目は「青森」で昼食に鮨を食べるという計画だ。そして残った最後の日は日帰りで長野県は「上田」に行き「蕎麦」を食べようと思っている。格安航空機が出来たり、JTBの「GO!GO!札幌フリー」などは@24800円から@26400円で1泊から4泊までホテル航空券込みなどというのもあるが、のんびりと列車の旅で本を沢山読むつもりだ。更に6月にスイスに行った仲間と10月知床へ行く旅を垂オ込んだ。これも安い。2泊3日航空券ホテル込みで@31800円だ。知床のほか富良野、摩周湖、阿寒湖、そして旭山動物園と盛り沢山だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です