「山形へ、9月1日」

最初は新庄へ行くつもりだったが、余りにも時間が掛かるので途中の山形で降りることとした。山形新幹線で福島から奥羽本線に入る。米沢経由で山形へ。今まで何回も来ている山形だが、殆どが通過か、蔵王へのスキーなのでゆっくり市内を歩いたことがなかった。まずお城跡へ向かう。「霞城」と書いて「かじょう」と読むらしい。城には東大手門が残っていたが、初代城主の「最上義光」の馬上の戦姿の銅像が印象的だった。入社して初めての勤務地が仙台で、そこで取引先の常務さんが「最上さん」だった。彼が亡くなった時にはなんと2000人もの弔問客があったという。多分、最上家の末裔だったのだろう。未だ戦国の世が残っていたような出来事だった。さて、城址をあとにして目的のラーメン屋に向う。山形だから「蕎麦」か「ラーメン」か、で随分迷ったのだが、山形県は意外に思われるかもしれないがラーメンが好まれる地域なのだ。寒いから仕方ないか。蕎麦も有名だが、地元の人はラーメンも好んでいるのだ。そこで市内のラーメン屋に行ってみた。「龍上海」という店で頼んだのは「赤湯からみそラーメン」@800円だった。普通のラーメンなのだが、真ん中に「辛味噌」がある。それをスープに溶かせて食べるらしい。麺は中太縮れ麺、多分手打ちなのだろう。具材は単純で「ネギ、支那竹、チャーシュー」だけ。しかしトンコツで造ったスープに溶かせた入れた辛子味噌は、仄かに辛子だけでなく、鰹節の味がする。なるほどそれなりに美味いと思った。スープを80%ほど飲み干す。ちょっと塩気を取り過ぎたかな?でもわざわざ山形までやってきたのだから思い切って楽しもう。お城とラーメン、それだけで山形を去る。蔵王の山々も緑一色だ。間もなく秋から冬へと蔵王は変身する前の姿だ。帰り道、大宮では地域的な大雨が降っていた。これで少しでも涼しくなればいいのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です