紅葉

「J  REPORT 2012 11月第4週号」
「リタイアメント・ノート 4年5ヶ月目」、
「VOL。768 SINCE AUG.12th、1983」
「紅葉」
そろそろ都内も紅葉が始まってきた。私の住んでいる辺りもかなり紅葉してきている。越中島の「東京海洋大学」周辺では桜や銀杏が色付き見頃を迎えている。この「越中島通り」は「東京の軽井沢」というとある時に乗ったタクシーの運転手が言っていた。理由は何故か分からないが、都内でも意外に緑の多い通りであることは事実だ。元「東京商船大学」、今は「東京海洋大学、越中島校舎」なのだが、ここのキャンパスにも緑が多い。学校以外は元々この辺りは倉庫が多かった。私の住んでいるマンションも元いた会社の鉄鋼倉庫だった跡地に建てたものだ。今も農水省の米の倉庫と、あとは民間の倉庫が一つだけ残っている。その他はもうマンションばかりになっている。30年前に新築マンションに引っ越してきた時には、目の前はお米の倉庫だったが、そこも勿論マンションになっている。そうそう小学校と中学校は今もある。最近マンションが沢山建ったので、この辺りの子供人口が意外に増えているようだ。一時期は郊外に住むのが流行ったようだが、最近は都心回帰と言う風潮もあるようで、江東区も若年人口の増加で新説の小中学校が出来ているという。喜ばしい話しだ。

「ボージョレ・ヌーボー」
11月の第三木曜日が今年は15日、「七五三」と同じだった。偶然孫娘の一歳の誕生日でもあったので、スーパーで買い求めた「ボージョレヌーボー」のワインを飲んで一人で祝った。聞くところによるとこのワインは日本への輸出が一番多いとのこと。なんで日本人はこのワインを飲むのか、理解に苦しむところである。そして16日は1863年のこの日にアメリカはペンシルベニア州のゲティスバーグでリンカーン大統領があの有名な演説をした日だ。「人民の、人民による、人民のための政治」という言葉だ。このところ、リンカーンを描いた映画が多いが何か理由があるのだろうか?ゲティスバーグというところは、南北戦争での激戦地でここで北軍が勝利したことから戦況が変わって北軍の最終的な勝利になった記念すべき地だそうだ。そんな日に衆議院を解散するのなら、立派な演説の一つでも聴きたかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です