「スーパーボウル」

47回目となったアメリカ・プロ・スポーツ最大のイベントであるアメリカンフットボールの決勝戦「スーパーボウル」は手に汗握る好ゲームとなった。それで驚いたのだが、我々現役時代には、いや今も学生は当たり前なのだが、まずプロテクターとして「ヘルメット」「ショルダー」「サイパッド(太腿」「ニーパッド(膝)」「ヒップパッド(腰)」を付けていた。腰から下はパンツを履くが、この内側に小さなポケットがあり、そこに緩衝材、パッドを入れて身体を保護するのだ。それがプロの選手を見ていると、下半身にはパンツを履いているだけでパッド類は一切付けていない。これには驚く。まあパッドがあると若干だが動きが悪くなるのは事実だが、それにしても「一体どんな身体をしているのか?驚かされる」の一言に尽きる。タイに暮らしてらっしゃるフットボール部の先輩A氏からメールで「パッドなしの問題」の指摘を受けたが、私も全く同様の意見だったので敢えてここで書かせてもらった。この話しは次回で詳しく説明します。

「確定錐吹v
18日から例年通り「確定錐吹vのシーズンが到来した。私は仙台にマンションを持っていて不動産収入があるので当然ながら「確定錐吹vを毎年行っている。勿論「医療費」「寄付金」等の控除も行う。昨年は2009年の「リーマンショック」時損失した株式等の繰越期限の3年目だったので、それまで発生した損失を埋め合せ、払い過ぎた税金の還付も受けた。しかし「年金生活者」になっているため、今年などは控除出来る財源は沢山あるものの、肝心の税金を殆ど払っていないので、「還付金」となるものがないのが残念だ。誰かの分の税金も控除させて上げたい位の気持ちだ。まあ、半日かけて錐随曹??ョ成させた。インターネット錐垂??ナ務当局は推奨しているが、これがやってみると難し過ぎるし、複雑過ぎて手書きの方がよっぽど楽だと感じるのは私だけだろうか?特に株式の損失繰越等があるともう無理だ。

「3S会、沖縄の旅」
昨年6月に「スイス、オランダ」に旅した「3S会」の3人は、10月には「北海道」へと行ったが、今年は1月に「沖縄」に行った。初日の夕食時ホテルでの写真だが、中央が私だが、「いやあ太り過ぎだね。ダイエットしなければならない」と写真を観て実感した。さて、今年の「3S会」は、まず3月に「南米」へ行く嵐閧セ。その後はまた相談しながら行こうと思う。ところで私だが、昨年「北スペイン、ポルトガル」に行った時の「ツアーコンダクター」氏が同行するツアーの案内が来たので急遽その旅に行くことにした。それは5月の「南フランス」の旅だ。そして当初5月に嵐閧オていた「南アフリカ」は、7月に変更した。これらは勿論「一人旅」だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です