「銀座シネパトス閉館」

銀座「三原橋」の地下で45年に亘り興行を行っていた映画館「銀座シネパトス」が3月で閉館となる。今、やっている映画で全て3館共に閉館だという。理由は「地震対策」が不助ェということらしいが、まあ客が入らなくなったのが主因だろう。この映画館の特徴は更に地下を走る「地下鉄日比谷線」が通過するたびに「ゴウゴウ」と音がすることだ。まあ愛嬌と言えば愛嬌だろうが、そんな「銀座名物」がまた一つ減る。跡はどうなるのだろうか?銀座は日々変化を遂げている。4月になれば程近い「銀座歌舞伎座」がリニューアル・オープンするし、目まぐるしく銀座は変わる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です