「四川飯店」

「四川飯店」
東京紀尾井町にある本店ではなく、博多の駅ビルの店に偶然行って見た。昼食に何を食べようかと駅ビル内をうろうろしたのだが、特にこれといって食べたいものがなかったので、仕方なくというか、まあ何の気なしに店に開店と同時に入ったのだった。頼んだのは「四川麻婆豆腐」、「陳」一家の超有名料理だ。日本の麻婆豆腐の父親と言われているのが「陳建民」さんだからだ。今は「陳建一」さんがその後を継いで活躍されているのがご存知の通りだ。私も紀尾井町の本店に行った事があるが、やはりこの店の麻婆豆腐の特徴は「山椒」の使い方だ。麻婆豆腐の辛さは決して「赤唐辛子」ではない。山椒の辛さが原点なのだ。四川料理の辛さは確かに「赤唐辛子とラー油」だが、麻婆豆腐は山椒抜きには語れないと思っている。私の自宅で麻婆豆腐はかなり頻繁に作っているが、山椒のピリ辛が決めてだと思っている。本来ならば博多だから「割烹、よし田」の「鯛茶」を食べるつもりだったのだが、土曜日は店を閉めていると勘違いしてしまった。休日は日曜日祝日だけだと後で思い至った。従って今回は不本意ながら「四川飯店」となってしまった。それでもここの「麻婆豆腐」は美味しい。さて、博多駅ビルはメインが阪急デパートで9階10階がレストラン街だ。そこで長蛇の列を作っていたのが、仙台名物「牛タン焼き」の店「利久」だった。博多でも牛タンは人気のようだ。確かに利久の牛タンは美味しいが。ところで東京駅駅ナカでも利久はありますよ。ここも人気店でいつも行列しています。
以上、博多から勢古口がお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です