「年末の富士の夕暮れ」

「年末の富士山」
大晦日に「東京スカイツリー」に行った。3時間後の整理券を手にしてまずは350mの展望台「天望デッキ」に登った。ついでなので450mの更に上の展望台「天望回廊」にまで登った。丁度夕暮れ時だったので、夕日が沈んだ後の富士山がくっきりと西の地平線に見えた。町は徐々に明りが灯って行く。幻想的な富士山だった。東京タワーも点灯されて来た。東京は正に大晦日の夜を迎えようとしていた。夜は恒例の「NHK紅白歌合戦」を観ていたが、余りに詰まらないので途中で寝てしまった。

「2013年の映画のお話し」
映画「映画 中村勘三郎」(東劇にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年218作目)
第十八代「中村勘三郎」、2012年12月に亡くなったが、2004年の「平成中村座」ニューヨーク講演からの軌跡を辿ったもの。歌舞伎役者は本当に大変だ。全身汗まみれで奮闘する姿には感動すら覚える。

映画「皇帝と公爵」(シネスィッチ銀座にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年219作目)
ナポレオンのフランス軍に侵略されたポルトガルで連合国軍の英国軍を率いるウェリントン将軍が立ち塞がる戦いを描く。戦争の悲惨さと恐ろしさがよく分かる。

映画「ハンガーゲーム2」(日比谷みゆき座にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年220作目)
二匹目の泥鰌を狙った映画。第三弾の制作が予想される展開と終りでした。

映画「ファイア by ルブタン」(ヒューマントラストシネマ有楽町にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年221作目)
靴の裏が真っ赤なハイヒールの製作者「ルブタン」が作ったダンサーを描く実にエロティックな映画でした。全編ヌードでした。ハイヒールしか纏っていない円熟した女性の美には驚かされた。ヌードのイメージが変わった。3D。

2013年12月27日付け日経新聞夕刊「シネマ万華鏡」の評価は、「パリ、ただよう花」が3つ星、「麦子さんと」が4つ星、「ウォーキング with ダイナソー」が3つ星、「フォンターナ広場」が3つ星、「皇帝と公爵」が3つ星、「キューティー&ボクサー」が4つ星、「ファイアbyルブタン」が3つ星でした。

「私の去年2013年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、「舟を編む」「少年H」「タイピスト」「そして父になる」「かぐや姫の物語」「ゼロ・グラビティー」「永遠のゼロ」
今年の★★★★は、「シェフ」「アルバート氏の人生」「ライフ オブ パイ」「東京家族」「ムーンライズ・キングダム」「ジャンゴ」「愛、アムール」「ヒチコック」「天使の分け前」「藁の盾」「アイアンマン3」「ラストスタンド」「カルテット」「旅立ちの島唄」「奇跡のリンゴ」「アンコール」「真夏の方程式」「ワイルド・スピード ユーロミッション」「風立ちぬ」「クロワッサンで朝食を」「最愛の大地」「スマイル・アゲイン」「サイド・エフェクト」「凶悪」「グランド・イリュージョン」「危険なプロット」「49日のレシピ」「燦燦」「ペコロスの母に会いに行く」「武士の献立」
「鑑定士と顔のない依頼人」

「2013 本の記憶シリーズ」
「黄泉の女」(佐々木 裕一 著)二見時代小説文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年349冊目)「公家武者松平信平」シリーズ第8弾

「鳥の子守唄」(風野 真知雄 著)角川文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年350冊目)「姫は三十一」シリーズ第5弾

「2014 本の記憶シリーズ」  2013年は350冊読みました。
「エチュード」(今野 敏 著)中公文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年 1冊目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です