「東海岸」

「東海岸」
13日の木曜日、この日も二日酔いで更に風邪気味が強まった。行ったのは東海岸の「九分」、本当は人偏に分と書くのが、パソコンが調子悪くこのままで許してもらいたい。ところがこの九分なのだが、私は二度目だが、前回も台風直撃の時に訪れた。今回も風雨が強く、海は大荒れで台風並みの状態だった。よほど九分とは縁がないのだろう。「茶屋」で台湾のお茶を飲み、皆と談笑した。この時私がカメラの操作を誤ったのだろう?これまで撮った写真が全て削除されていた。気がついたのは帰国してからだったが、残念で仕方がない。九分は観光の名所になっているが、20年ほど前は廃墟と化していたという。銅山があり、その時の町だったが、空家を芸術家達が住み着くようになったという。勿論ここがヒットしたのは「千と千尋」のアニメのモデルになった風景からだということは良く知られている。昼は近くの漁村にあるレストランで新鮮な魚介類を食べる予定だったが、時化で漁に出られないとのことで、今ある魚や貝で諦めるしかなかった。だが、料理は何でも美味しい。帰りに新しく出来たリゾートホテルに立ち寄り、部屋を見せてもらった。最高のスウィートルームは、一泊4人で28000元だから、約10万円とか。海を観ると高波が次々と岸壁を襲っていた。漸くこの時の海の写真から残っていた。台北へ戻る途中に「温泉」を訪れた。台湾は火山があるので温泉も勿論地震も多いという。その温泉だが、水着着用ということで水着と帽子を新たに買い求めて、屋外のプール形式の温泉に入った。水温41度ということでお湯の中にいる時は暖かいのだが、外は雨が降っているので寒いというのが実感だ。30分ほど入ったが、一応身体はポカポカになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です