「愛犬ももの危機?」

「愛犬ももの危機?」
先月、腰の痛みを訴えた「愛犬もも」(10歳、メス、シーズー)だが、レントゲンの結果、背骨の一部に軟骨が出来ていて、そこが神経に触れるために起こる痛みだと医師はいう。その後、再度痛みが発生して病院に連れて行ったが、その時には痛みは解消していた。さてそんなこともあったので、一度精密検査をしてみようと思い、予約して病院を訪れた。その病院は24時間稼動でチェーン展開していて、獣医師だけで30名近くいる大病院だったが、約3時間掛けて、レントゲン、血液検査、内臓のエコー、心電図等の検査を行った。統括院長という女性獣医師が相手をしてくれて、説明を受けた。まずは頭部、歯は下は犬歯があるが、前歯は殆どなくなっている。上の歯はこれも殆どない。臼歯はあったからこれで咬んでいるのだろうか?眼は少し白濁しているという。所謂白内障なのだろうか?咽喉の部分は、脂肪が付いていて細くなっている。従って、呼吸が苦しそうな状態にあるという。さて心臓。問題はここだ。まずレントゲンでは非常に大きく写っている。これは心臓の周囲を脂肪が覆っているので大きく写っているのだという。そして左心房、左心室の間の弁が壊れていて、肺から戻ってきた酸素を含んだ血液が少量だが逆流しているという。まあ、それにより心臓にかなりの負担が掛かっているという。それは心電図からも分かる。肝臓、腎臓、副腎にもちょっと問題がありそうだが、今すぐどうのこうのとは言えないとのこと。胃は食べ過ぎ太り過ぎで拡張している。腸にはガスが溜まっているという。これも食べ過ぎの影響か?老化もあると言うことで心臓は問題があるが、数ヶ月様子を見ることとした。まあダイエットさせることが必要だというのが当面の結論だ。先週病院で計った体重は7.1kg、今回は6.7kgだった。ここのところダイエットさせていた効果が一週間で出た訳だ。まあ6kg以下を目指そう。ところで費用だが、初日は夜間診療ということもあり2万円、2度目は問診だけなので5千円、今回は検査が入っているので5万円掛かりました。医療費の控除がないから全額負担なのが痛いね。

「なぜ、政治家の髪は黒いのか?」
テレビを観ていていつも不思議に思うのが、「政治家の頭の髪の毛」だ。どうして皆が皆、あんなに髪の毛が黒いのか?誰しもが不思議だと思うだろう。政治家は皆、髪の毛が黒くなくてはならないのだろうか?こういう風に疑問に感じるのは私だけだろうか?当然染めているとしか思えないが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です