「春霞」

「春霞」
豊洲運河の先に、晴海大橋と「レインボーブリッジ」が霞んで観える。今日の東京は久々の15度超えだ。春らしい暖かさになってきた。これまで余りにも寒過ぎて「三寒四温」とは思えぬ位の寒さ続きで参っていた木々も草花も春をそろそろ実感し始めただろう。今年の桜の開花は例年並みとか。来月には桜が満開になる。「春よ、来い。早く来い。春よ、早く来い」 話しは変わるが、晴海大橋の左手では今、「豊洲市場」の建設が進みつつある。数年後に完成する予定の市場では「場外市場」の計画も進んでいるという。橋の右手はご存知「東京オリンピック」の選手村になる予定地だ。この豊洲と晴海地区は2020年までに大きく変貌を遂げるものと思われる期待の土地なのだ。

「2014年の映画のお話し」  2013年は221本の映画を観ました。
映画「グランド・ピアノ」(ヒューマントラストシネマ有楽町にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年37作目)
天才ピアニストが5年振りに演奏会に出ることになった。しかし開いた楽譜には「演奏を絶対にミスするな。すればお前を殺す」とあった。恐怖の演奏会が始まる。果たしてピアニストはこの危機を逃れられるのだろうか?

映画「それでも夜は明ける」(TOHOシネマズスカラ座にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★★(今年38作目)原題「12years slave」
アカデミー「作品賞」受賞作。1841年、ニューヨーク在住の自由黒人が拉致され、南部で奴隷にされてしまう。その12年を描く。アメリカの恥部を描いた感動作。

映画「銀の匙」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年39作目)
帯広の農業高校に進学した男子生徒の一年間を描く学園ドラマ。銀の匙を持って生まれた子供は食べることに困らないとの言い伝えがあるという。

映画「リデック ギャラクシーバトル」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年40作目)
未来のどこかの惑星上でのこと。脱獄囚のリデックを賞金稼ぎたちが追う。更にそこには怪物たちがいた。果たして逃げられるのか?

映画「偉大なる、しゅららぼん」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★(今年41作目)
琵琶湖周辺に綿綿と続く二つの特殊能力を有する家族の物語。訳の分からないお話しでした。まあ、これだけ人気のある俳優を集めた割には酷い映画だった。

映画「アナと雪の女王」(TOHO日劇にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年42作目)
アニメミュージック。まあそれなりに面白いが、ディズニーだからこんなもんで当たり前か?

2014年3月14日付け日経新聞夕刊「シネマ万華鏡」の評価は、「アナと雪の女王」が4つ星、「あなたを抱きしめる日まで」が4つ星、「ロボコップ」が3つ星、「ドン・ジョン」が2つ星、「ランナウィ・ブルース」が3つ星、「偉大なる、しゅららぼん」が2つ星、「5つ数えれば君の夢」が4つ星でした。

「私の去年2014年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、
今年の★★★★は、「小さいおうち」「アメリカン・ハッスル」「ウルフ オブ ウォールストリート」「光にふれて」「ダラス・カーボウイズ・クラブ」「それでも夜は明ける」

「2014 旅の記憶シリーズ」  2013年の旅では、「ペルー」が51カ国目、「南アフリカ」が52カ国目、「ジンバブエ」が53カ国目、「ボツワナ」が54カ国目、「ザンビア」が55カ国目でした。
2014年の国内旅行の第一回目は、1月の九州福岡と水俣でした。第二回目は能登でした。
2014年の海外旅行は、トルコ(1月、3度目)、台湾(2月、3度目)です。

「2014 歌舞伎観劇シリーズ」歌舞伎座にて★★★「今年2回目」
「鳳凰祭三月大歌舞伎」夜の部「盲長屋梅加賀鳶」

「2014 本の記憶シリーズ」  2013年は本を350冊読みました。
「美雪晴れ」(高田 郁 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年52冊目)「みをつくし料理帖」シリーズ第9弾

「風塵の剣」(稲葉 稔 著)角川文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年53冊目)「風塵の剣」シリーズ第5弾

「古手屋喜十為事覚え」(宇江佐 真理 著)新潮文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年54冊目)「古手屋喜十為事覚え」シリーズ第1弾

「藍の糸」(中島 要 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年55冊目)「着物始末暦」シリーズ第2弾

「夢かさね」(中島 要 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年56冊目)「着物始末暦」シリーズ第3弾

「海上掃討作戦」(矢月 秀作 著)祥伝社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年57冊目)「警視庁暗殺部」シリーズ第2弾

「死なない男」(和久田 正明 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年58冊目)「同心野火陣内」シリーズ第1弾

「縣軍の章」(北方 謙一 著)集英社刊 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年59冊目)「岳飛伝」シリーズ第7弾

「月夜のからす」(和久田 正明 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年60冊目)「同心野火陣内」シリーズ第2弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です