「驚きのトマト・パワー」

「雹(ひょう)」
富岡製糸場からの帰りに空が暗くなり雷の音も聞こえるようになった。その後高崎駅の新幹線ホームで待っている時、屋根にバラバラと何かが当る音が聞こえてきたと思ったら、大量の「雹」が振り出した。パチンコ玉大の雹が音を立てて降り注ぐ。あっという間の出来事だった。農産物にも被害が出たのではなかろうか?心配だ。だが、熊谷を過ぎたら、もう明るくなり、雨も止んでいた。

「驚きのトマト・パワー」
この話しをするためには私の健康状態も明らかにしなくてはならないので若干躊躇したのだが、皆様のお役に立てればと思い恥を承知でかかせてもらう。
数年前に京都大学のチームが「トマトジュースの効能として、血糖値を下げる作用がある」と発表した時にスーパーの棚からトマトジュースが無くなったことがあった。今年3月初めの定期健診で、ヘモグロビンA1Cが7.5と急上昇していた。食後2時間の血糖値も何と300、γ―GTPにいたっては600もあった。禁酒一ヵ月後の4月初めの人間ドックでもHBA1Cが8.5、γ―GTPは146と禁酒効果はあったものの、このままでは大変なことになると思って、二つのことをした。一つが「トマトとトマトジュース」、二つ目は「おからダイエット」だった。毎日中型のトマトを一個とトマトジュースを250ccから300cc飲んだ。そして二ヶ月経過した6月初め。結果は驚くなかれ、HBA1Cは「6.4」、食後1.5時間の血糖値は150、γ―GTPは150、但しこの間禁酒はしてませんでした。医師も驚くこの結果。HBA1Cが「8.5」から「6.4」へは凄い記録だ。これまで殆どこの数値は6点台だったから急上昇にも驚いたが、急降下にも驚いた。また「おからダイエット」は植物性タンパク質を摂取することで「糖質ダイエット」効果があり、体重減少に繋がるはずだったが、二ヶ月で約2.5kgしか減らなかった。この2ヶ月、毎日平均で「18000歩」歩いた。だから、トマトとおからとウォーキングが上手くかみ合ったのかもしれない。だが、絶対に「トマト&トマトジュース」はお薦めだ。これからも続けます。なお、コレステロール値は善玉も悪玉も範囲内で問題はない私です。やはり体重を減らすことと、お酒を控えめにすることも必要ですね。
5日からポーランド8日間の旅に行ってきます。以上、勢古口が東京からお送りました。
追伸:「本を売った2」
まだたくさん本が残っているので今回はダンボール(水とかの飲み物用)の箱にいったい何冊の文庫本が入るか試して数えた。やはり50冊以上は入る。するとこの間の18箱は900冊以上になっていたのだ。するとやはり1冊当り20円以下での買い取りだったということだ。安過ぎない!!!私しか読んでいないほぼ新品だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です