」「金印

「福岡市博物館の金印」
また福岡に行った。ANAのマイレージの期限切れがあったので使って来た。初日は「福岡市博物館」を訪問した。目指すは「金印」。国宝だ。正式には「漢委奴国王」と刻まれた印だ。中国の歴史書「後漢書」に西暦57年に「倭の奴国」の使いに後漢の光武帝が「印」と「綬」を授けたとされている。それが1784年に博多湾の志賀島で発見されたというものだ。大宰府の国立九州博物館がオープンした時にも展示されていたが、元々はこの福岡市博物館にあるものだという。小さなものだが、時代を経て見つけられ、ここに保管されているとは本当に素晴らしいことだ。歴史上の遺産だ。その他福岡の歴史が分かる展示物がたくさんありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です