「七五三の準備」

「七五三の準備」
孫娘は今年11月15日で満三歳となる。従って「七五三」を迎える訳だ。その仕度をと娘がやってきて、昔の着物を探したが、結局見つからない。まあ最初から新しいものを買ってやるつもりだったから問題ないが、昔の写真を探していたら、娘が三歳の時の写真が見つかった。驚いたことに今の孫娘そっくりだった。親子だからだろうが、実に娘も孫娘も三歳当時は似ていたことに改めて驚かされた。写真は愛犬「もも」を追いかける孫娘だ。

「2014年の映画のお話し」  2013年は221本の映画を観ました。
映画「サンシャイン」(ヒューマントラストシネマ有楽町にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年129作目)
スコットランドのリースという町に帰還した兵士とその家族らの恋愛を描くミュージカル。中々よかったよ。

映画「るろうに剣心 京都大火編」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年130作目)
好評な映画の第二作目。人を切ることを止めた剣心だったが、維新政府のために遂に立ち上がり京都に向う。

映画「ブラックレイン」(TC日本橋にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年131作目)
1980年代にヒットした映画のリバイバル。ニューヨークの警察官がやくざ絡みの殺人事件とニセドル札を追って大阪にやってくるというもの。マイケル・ダグラスと高倉健が主演している。面白かった。

映画「ドラえもん スタンド バイ ミー」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年132作目)
夏休みなので小学生がたくさん来ていた。のび太君の将来が危機に。そこでドラえもんが過去にタイムスリップする。大人でも楽しめるコミックでした。

8月8日付けの日経新聞夕刊「シネマ万華鏡」の評価は、「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」が4つ星、「FORMA」が4つ星、「トランスフォーマー/ロストエイジ」が3つ星、「ドラえもん」が3つ星、「めぐり逢わせのお弁当」が4つ星、「ぼくを探しに」が3つ星、「ジプシー・フラメンコ」が3つ星でした。

「私の去年2014年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、「青天の霹靂」「超高速・参勤交代」「人生はマラソンだ」「ゴジラ」「なまいきチョベレンと水夫さん」
今年の★★★★は、「小さいおうち」「アメリカン・ハッスル」「ウルフ オブ ウォールストリート」「光にふれて」「ダラス・カーボウイズ・クラブ」「それでも夜は明ける」「あなたを抱く日まで」「世界の果ての通学路」「チョコレート・ドーナッツ」「プリズナーズ」「ウッドジョブ」「マンデラ」「X?MEN」「グランド・ブタペスト・ホテル」「私の男」「パークランド」「マダム・イン・ニューヨーク」「怪しい彼女」「思い出のマーニー」

「2014 旅の記憶シリーズ」
2014年の国内旅行は、第1回目は九州福岡と水俣(1月)、第2回目は能登(1月2月)。第3回目は長崎(3月)。第4回目は山形寒河江、青森白神山地、函館、第5回目は福岡、佐賀(6月)、第6回目は福岡、壱岐(7月)でした。
2014年の海外旅行は、トルコ(1月、3度目)、台湾(2月、3度目)、シンガポール(3月、X度目?)、フィンランド、ポーランド(6月、55&56ヶ国目)、アイルランド(7月、57カ国目)です。

「2014 歌舞伎観劇シリーズ」歌舞伎座にて★★★★「今年4回目」

「2014 本の記憶シリーズ」  2013年は本を350冊読みました。
「偽装強盗」(六道 慧 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年189冊目)

「海賊と呼ばれた男 上」(百田 尚樹 著)講談社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★★★(今年190冊目)
流石本屋大賞を得た作品だ。面白い。日本の石油業をあまねく描く。

「海賊と呼ばれた男 下」(百田 尚樹 著)講談社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★★★(今年191冊目)
出光興産を起こした出光佐三の生涯を描く。読んで久し振りに涙が出た。非常に面白かった。

「毒物殺人」(今野 敏 著)講談社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年192冊目)
「警視庁科学特捜班」シリーズ第2弾

「風塵の剣」(稲葉 稔 著)角川文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年193冊目)
「風塵の剣」シリーズ第6弾

「寒雀」(今井 絵美子 著)角川文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年194冊目)
「照降街自身番書役日誌」シリーズ第2弾

「崖っぷちにて候」(坂岡 真 著)祥伝社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年195冊目)「新・のうらく侍」シリーズ第1弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です