「信州の旅」

「J  REPORT 2014 10月第3週」
「リタイアメント・ノート 6年4ヶ月目」、
「VOL。868 SINCE AUG.12th、1983」
「信州の旅」
元の会社の仙台時代の仲間達5人の旅だった。今から40年も前の昭和40年代後半に仙台支店の同じ課に勤務した仲間なのだ。年に数回集まって飲んでいるが、今回は信州への旅となった。勿論利用するのはJR東日本の「大人の休日倶楽部パス」4日間乗り放題で@17000円の切符だ。まず新幹線で上田へ行き、駅近くの蕎麦屋で蕎麦を食べ、その後「上田城」を見学した。再来年の大河ドラマはここ上田を舞台にした真田家の話しらしい。戦国時代に活躍した真田家は東西に分裂したが、幕末までその子孫は残った。上田からバスで温泉に向う途中は「コスモス」がたくさん生えていた。のんびりとした旅、バスの車内から降りる人もなく、新たに乗る人もなく、バスは淡々と進む。上田では直射日光で暑かったが、山に入ると若干涼しい風が吹き込むようになってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です