「北へ」

「J  REPORT 2015 2月第1週」
「リタイアメント・ノート 6年8ヶ月目」、
「VOL。884 SINCE AUG.12th、1983」
「旅暦57、北へ」
「立山連峰」
福岡から戻って取り合えず、一旦自宅に戻り、汚れ物を洗濯機に入れて直ぐにまた出発した。新幹線で越後湯沢経由金沢へと向う。驚いたことに熊谷駅手前で西に富士山の雄姿を観た。その日は朝の飛行機からと午前中の新幹線でと2度目の富士山だった。関東平野の中心部からも富士山が見えたことにびっくり。さて、越後湯沢からの「ほくほく線」で金沢に向うが、富山手前で「立山連峰」が素晴らしい姿を見せていた。北アルプスの山に「立山」という山はない。しかし地元の人は「立山連峰」という。今は厳冬期だから雪に覆われている。ところが驚いたことに富山湾の「氷見」からは年間平均で22日間しか山を観ることが出来ないという。それほどこの地方は曇りや雨や雪の日々が多いということらしい。「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉通りなのだという。でも立山は美しい。

「先輩の死」
突然大学の先輩が死んだ。アメリカンフットボール部の6年先輩だ。風呂場での突然死だったという。その訃報を聞く数日前にNHKラジオで日本人の風呂場での突然死は交通事故死を大きく上回る年間1万7千人だということを聞き、気を付けなければと思っていた矢先のことだった。ご冥福をお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です