「ブカレスト郊外」

「ブカレスト郊外」
7月14日(火曜日)最終日
朝から雨模様だ。今日は午前中は自由行動なのでホテルの近くの公園に行く。上手い具合に雨は上がった。木々が美しい。湖もあるし、何かゆったりとした気分にさせてくれる。2時間ばかり探索をして一度ホテルに戻る。午後からは帰国の準備をしてブカレスト郊外の教会に行く。その庭から湖の対岸にチャウシェスクの別荘が見えた。今は誰も使用していないようだが、1989年反共産革命まではチャウシェスクが別荘として週末に訪れていたらしい。ルーマニアでは共産党支配時代に造られた巨大な建物ばかり見せられ唖然としていたが、自由を叫ぶ若者たちが沢山亡くなったことを知り、如何に自由が尊いかを痛感させられた。革命広場に集まった若者とそれを銃撃した軍や警察の人たちは今どこにいるのだろうか?今、まだ共産党が支配している中国や北朝鮮は今後どうなって行くのだろうか?隣国だけに非常に心配な思いをさせられた今回の旅でした。
以上、東欧から帰国した勢古口がお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です