「坂本竜馬がいた」

「J  REPORT 2015 7月第5週」
「リタイアメント・ノート 7年1ヶ月目」、
「VOL。909 SINCE AUG.12th、1983」
「坂本竜馬がいた」
94歳の叔父が亡くなった。私の母の兄だ。小さい頃祖父母と叔父達は札幌にいたので、冬休みや夏休みになると母と妹と共に度々叔父の家には訪れたことがある。札幌郊外の家では大きな山が目の前にあった。夏でも午後3時を過ぎると寒くなるのに横浜育ちの私は驚いたものだった。父が当時読売新聞で連載していて愛読していた小説「猿飛佐助」を切り抜いて送ってきてくれたこともあった。冬は家の前でスキーをした。どれもこれも懐かしい思い出だった。叔父達が東京に移り住んだのが品川だった。中学の頃もよく遊びに言った。いとこが4人いたので遊び相手として同世代だったので都合が良かった。そんな叔父が亡くなり、通夜に向う京浜急行の立会川の駅を降りたら「坂本竜馬」の像が立っていた。土佐藩の下屋敷がこの近くにあり、ペリーの来訪時に竜馬もその黒船を観にこの地に立ったという歴史的な場所らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です