「手前勝手世界食物語、第192話」

「鳴門のうなぎ」
「松坂屋上野店」の地下に銀座に本店がある「鳴門」が「鰻の蒲焼」の店がある。安くて美味いので人にもお薦めしていた店だ。何回かこの欄でもご紹介したことのある店だ。久し振りに訪れたら値上げされていた。数年前まで「鰻丼」一人前は1000円だったが、現在の価格は1600円(消費税別)だった。お腹が減っていたので食べ始めてから写真を撮っていなかったことに気付いた。慌てて半分食べた残りを写真に撮った。さて肝心の鰻丼の味は?柔らかくて実に美味しかった。ここでは蒲焼を売っていて、カウンター4席で鰻丼か鰻重が食べられる。知る人ぞ知る通の店だ。絶対に損はしない。因みに銀座松坂屋の裏にある本店は「河豚」で有名な店だ。毎年一回だけ「河豚」を食べるが、それは両国の「ひょうたん」。嘗てもう20年以上前にはお得意様の接待を受けて何度となく銀座の「鳴門」を訪れて河豚を食べていたが、とても個人で入れる値段の店ではないので、今は店の前を通るだけになってしまったのが残念だが、味だけは値段に比例して素晴らしいものだったと舌だけが覚えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です