「手前勝手世界食物語、第259話」

「コカ・レストラン有楽町」
日比谷のJRガード下のタイ料理店「コカ・レストラン日比谷店」が5月に閉店し、「ビック・カメラ」のあるビルの6階に移り、以前からあった「コカ・レストラン有楽町店」として再開したので行って見た。以前よりちょっと小じゃれた店に変身?していた。美味しそうだったので「天使のエビのカルパッチョ」を頼んでみたが、生のエビがタイ風の味付けで実に爽やかで美味しかった。この店、「マンゴーツリー」と「コカ・レストラン」とを一緒に合わせての店造りになっている。タイのバンコクでは「マンゴーツリー」はちょっと高級感のあるタイ料理店で、「コカ・レストラン」はそれよりはちょっと庶民的なタイ料理店なのだが、今回のコラボレーションした店は、味も雰囲気もちょうどそれらの二つの店の中間的な存在になっているような感じだった。ただちょっと場所が悪いと思う。ビックカメラに来ないと店があるのが分からないのは弱みではないだろうか?確かに集客力があるビックカメラだが、それだけでレストランに客を呼べるか?疑問でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です