「時刻普v

国内旅行の際には、いつもは「インターネット」で列車の時刻を調べていたが、やはり何といっても旅の友は「時刻普vだと思う。昨年6月のスイス、オランダ旅行時には「トーマス・クックの国際時刻普v片手に歩き回った。インターネットより格段に面白いのが時刻浮セ。あちこちを探りながら、ページを捲りながら、どの時間帯に乗るかを考えながら、調べる。これが「旅の醍醐味」だと思うのは私だけだろうか?松本清張氏の小説にもあったが、時刻浮フ妙は最高だ。今年も「JR東日本」の「大人の休日倶楽部」で国内鉄道旅行を楽しむつもりだが、多いに時刻浮ヘ利用させてもらおう。

「日経新聞朝刊・私の履歴書」
面白い人も面白くない人もいるが、まあ所謂「功なり名を遂げた方々」の履歴書だが、「岡本綾子さん」のは面白い。まだ始まったばかりだが、彼女の真摯な姿勢が伺え毎朝楽しみにして読んでいる。

「振り込め詐求v
先日の夜8時頃、「非通知」の電話が入った。誰かと思って出ると「あっ、ミツルだけど」というから、これは間違いなく振り込め詐??/b>だと思ったが、それに付き合って話しをして警察に連絡して逮捕するのも面倒なので直ぐに切った。こういった電話はしょっちゅう掛かってくる。それほど誰でもターゲットにして狙っている訳なのだろう。今日もニュースで1000万円取られたといっていたが、なんでこんなのに引っ掛かるのか本当に理解に苦しむ。まあ自分もそんな人たちの仲間にならないように気を付ける必要があるのだろうか?そういう年代になったのかもしれない。お金の価値を分かっていないのか?本当に息子だと思っているのか?一度息子や孫たちの声を確認したらいい。そんな簡単な罠に引っ掛からなくなると思う。まず人は疑うべきだ。お金は簡単には手に入らないのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です