「手前勝手世界食物語、第302話」

「吉宗(よっそう)の長崎皿うどん」
銀座8丁目に「長崎会館」なる建物があり、そこには長崎関係の色々な会社や店が入っているのだが、そこの地下に「長崎料理専門店・吉宗」なる店がある。この店は「よっそう」と読む。有名なのは「皿うどん」「チャンポン」に「茶碗蒸し」だ。値段も銀座だからやはり若干高い。平均で1000円は覚悟する必要がある。ワンコインの店とはちょっと違う。味はまあまあ、こんなものか?本場で何度も「長崎料理」は食べたが、だからといって特にこの店が美味しいとは思わないが、やはり地元と違って高いのは高い。長崎は物価が安いから、皿うどんもチャンポンも安い。
以上、勢古口が東京からお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です