紫陽花

「J  REPORT 2013 6月第4週号」
「リタイアメント・ノート 4年12ヶ月目」、
「VOL。799 SINCE AUG.12th、1983」
いよいよ来週は「800回目」となる記念すべき号に達する嵐閧セ。
「東京駅舎」
東京駅は私にとっては通過駅で下車することはめったにない。しかし、例の元中央郵便局の「KITTE」の建物に行く用事があったので、東京駅を撮影してみた。古い建てられた当初のレンガをモチーフにして建て直された東京駅は古(いにしえ)の面影を伝えてくれている。堂々とした質感と重厚さが現代に再現され、また東京の新しい新名物となっていた。

「黄金の量」
先日、NHKラジオで人類が誕生して以来、掘り出した「金」の量は、なんと「50m公認プール2杯分」にしかならないと聞いた。たったそんなもん?同じ考え方で年間の鉄の生産量は3万杯分に相当するというから、その量の少なさが分かろうというもの。驚きだ。それだから金は貴重なのだろう。金の価格も一時期より下落したようだが、その潜在的な需要は限りがないのだろう。人類に欲望がある限り、金の需要は減らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です