「孫の手」

最近、伸縮自在な「孫の手」を発見した。私は冬は「乾燥肌」、夏は「汗も」で毎年背中の痒みに悩まされている。これで携帯用孫の手が手に入った。助かる。旅行だけでなく、常時携帯することにした。痒い時の強い味方だ。

2013年の映画のお話し
映画「華麗なるギャツビー」(丸の内ピカデリーにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年102作目)
1920年代のアメリカ。富豪のギャツビーの本当の姿は何か?有名な小説の2度目の映画化。

映画「インポッセシブル」(日比谷シャンテシネにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年103作目)
2004年のスマトラ沖地震後の津波をタイはプーケットで体験した日本在住のアメリカ人家族を描く。津波の恐ろしさを改めて感じた。

映画「二流小説家」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年104作目)
アメリカのベストセラー小説の日本での映画化だ。死刑囚からある二流小説家に手紙が届く。事件のことを詳しく話すから小説にして欲しいとの依頼だった。猟奇殺人事件だけに非常に注目される話しだった。だが、新たに別の3人が同じように殺されてしまう。果たして死刑囚は無実なのか?勿論この本、私は読んでいます。

映画「マーヴェリック」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年105作目)
映画を観始めて、海外旅行の機内で観たことを思い出した。カリフォルニアの海岸に押し寄せる巨大な波「マーヴェリック」を乗り切ろうとする若者の物語だ。

映画「ファインド・アウト」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年106作目)
双子の妹が夜中に行方不明になる。彼女自身一年前に誘拐されて、自力で漸く脱出したものの、警察は妄想だとして相手にもしてくれない。彼女はあの犯人が戻ってきたと思い、独力で妹を探そうとするが、果たしてその結果は?それなりに面白かった。

映画「僕はまだ本気をだしてないだけ」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年107作目)
まるで漫画だ。42歳、父親と娘と暮す男は会社を辞めて、プロの漫画家になろうとするが、世の中そんなに甘くはない。だが本人はまだ本気を出してないと思っているのだが。

日経新聞6月21日夕刊の「シネマ万華鏡」の評価では、「さよなら渓谷」が5つ星、「フィギアなあなた」が5つ星、「アフター・アース」が3つ星、「10人の泥棒たち」が3つ星、「100回泣くこと」が2つ星、「しわ」が3つ星、「アイアム ブルース・リー」が3つ星でした。

「私の去年2013年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、「舟を編む」
今年の★★★★は、「シェフ」「アルバート氏の人生」「ライフ オブ パイ」「東京家族」「ムーンライズ・キングダム」「ジャンゴ」「愛、アムール」「ヒチコック」「天使の分け前」「藁の盾」「アイアンマン3」「ラストスタンド」「カルテット」「旅立ちの島唄」「奇跡のリンゴ」

「シノプスシ225」
「星の河」(風野 真知雄 著)幻冬舎文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年181冊目)「女だてら麻布わけあり酒場」シリーズ第9弾

「徒然ノ冬」(佐伯 泰英 著)双葉文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年182冊目)「居眠り磐音江戸双紙」シリーズ第43弾

「隠れ切支丹」(藤井 邦夫 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年183冊目)「乾 蔵人 隠密秘録」シリーズ第3弾

「海光る」(井川 香四郎 著)幻冬舎文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年184冊目)「船手奉行さざなみ日記」シリーズ第2弾

「影」(坂岡 真 著)徳間文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年185冊目)「死ぬがよく候」シリーズ第2弾

「桜夜の金つば」(牧 秀彦 著)幻冬舎文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年186冊目)「甘味屋じゅう兵衛子守り剣」シリーズ第3弾

「おやこ豆」(和田 はつ子 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年187冊目)「料理人季蔵捕物控」シリーズ第20弾

「縁の剣」(鳥羽 亮 著)幻冬舎文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年188冊目)「剣客春秋」シリーズ第一部、11弾にて完了

「決戦」(上田 秀人 著)講談社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年189冊目)「奥右筆秘帖」シリーズ第12弾にて完了

「暗殺剣」(岡本 さとる 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年190冊目)「剣客太平記」シリーズ第7弾

「残月」(高田 郁 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年191冊目)「みおつくし料理帖」シリーズ第8弾

「心残り」(小杉 健治 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年192冊目)「独り身同心」シリーズ第4弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です