「またまた、北の国への鮨の旅」

「函館編、追加」 第三日目
午前中はこれもお目当ての店「うにのむらかみ」に行く。前回1月は店のオープンが11時からと遅かったので入れなかったが、夏季期間は7時30分から開いているので、朝から「ウニ、いくら、ホタテの三色丼」Sサイズ@1680円を頼む。昨晩沢山食べたのでサイズを小さくして食べたが、新鮮な具材に感動感激だ。この店もミシュランガイドで紹介されていたが、「ウニ」専門店で自社工場で製造しているという。そこで3S会の残りのお二人には「利尻産生うに」の箱詰め80gをお送りすることにした。「函館朝市」にも観光客が朝早くから訪れていて、歩くだけでも売り込みの人たちの声が大きく掛かる。更に港方面へ向かい、「青函連絡船の摩周丸」が係留されていたので、ちょっと概観だけ見学して、「赤レンガ倉庫」群を経由して、函館山中腹にある「キリスト教教会」群を訪れた。中々由緒ある建物ばかりで異国情緒を味合うことが出来た。勿論有名な人気の「八幡坂」も下った。市電で駅まで戻ると、丁度札幌行きの特急列車の自由席が乗車可狽ノなったところだった。危うく遅れるところだったが、何とか席を確保出来た。すると反対側ホームに青森からの特急列車が入ってきて沢山の人たちが乗り換えてきた。あっという間に満席状態となり、立ち席の人が続出し始めた。危なかった。札幌まで3時間以上立ち席では叶わない。やはり「大人の休日倶楽部パス」の人が圧倒的に多い。指定席は満席、自由席も満席にプラス立ち席状態だ。2時間以上経過して室蘭、苫小牧あたりで漸く立ち席が解消されたが、大変な混雑でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です