2013年の映画のお話し

映画「スーサイド・ショップ」(ヒューマントラストシネマ有楽町にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年151作目)
フランスのアニメ映画。パリで4代続く「自殺用品販売店」。そこに生まれた息子が明るい人生を取り戻そうとするお話し。

映画「マン・オブ・スチール」(丸の内ピカデリーにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年152作目)
スーパーマン誕生秘話だが、それが現代に蘇ったお話し。

映画「大統領の料理人」(銀座シネスウィッチにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年153作目)
一人の女性料理人がフランス大統領の昼食のみを提供する料理人となる。エリゼ宮の厨房は男性のみ。ここで一人の女性が立ち向かうものとは?こういう映画は好きだね。

映画「共喰い」(ヒューマントラストシネマ有楽町にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年154作目)
昭和63年の山口県の田舎町。17歳の少年の性生活を中心に描くのだが、彼の父はセックスの最中に相手の女性に沫ヘを振るうという癖があった。彼もその血を受け継いでいるのか?

映画「アップサイドダウン」(角川シネマ有楽町にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年155作目)
二重重力と言う不思議な世界。下の世界と上の世界では重力が全く逆だった。そんな世界で恋に落ちた二人の物語。

映画「サイド・エフェクト」(日比谷みゆき座にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★★(今年156作目)
薬の「副作用」というのだが、うつ病の女性が夫を殺してしまう。これが「薬による副作用」なのか、それとも「殺人」なのか?が争われる。患者に薬を提供した精神科医師が窮地に陥る。果たして真実は?面白かったです。アメリカらしい薬と製薬会社と患者、そして医師との複雑な関係が実にリアルでした。

映画「キャプテン・ハーロック」(銀座TOEIにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年157作目)
アニメの傑作シリーズなのだろう。面白かったです。迫力が凄いが、アルカディア号だけが強いのは納得出来なかった。

映画「私が愛した大統領」(エールフランス機内にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年158作目)
フランク・ルーズベルト大統領の従姉妹との秘められた愛の物語。あの立派な大統領がこんな不倫をという感じかな?

日経新聞9月13日付け夕刊「シネマ万華鏡」の評価によれば、「あの頃、君を追いかけた」が4つ星、「Miss ZOMBIE」が4つ星、「許されざる者」が3つ星、「私が愛した大統領」が3つ星、「ウルヴァリン:SAMURAI」が2つ星、「ポルトガル、ここに誕生す」が3つ星、「ャEル・フラワー・トレイン」が3つ星、9月20日付けは、「そして父になる」が4つ星、「凶悪」が4つ星、「ウォーム・ボディーズ」が3つ星、「エリジウム」が3つ星、「怪盗グルーのミリオン危機一発」が3つ星、「世界一美しい本を作る男」が3つ星、「甘い鞭」が4つ星でした。

「私の去年2013年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、「舟を編む」「少年H」「タイピスト」
今年の★★★★は、「シェフ」「アルバート氏の人生」「ライフ オブ パイ」「東京家族」「ムーンライズ・キングダム」「ジャンゴ」「愛、アムール」「ヒチコック」「天使の分け前」「藁の盾」「アイアンマン3」「ラストスタンド」「カルテット」「旅立ちの島唄」「奇跡のリンゴ」「アンコール」「真夏の方程式」「ワイルド・スピード ユーロミッション」「風立ちぬ」「クロワッサンで朝食を」「最愛の大地」「スマイル・アゲイン」「サイド・エフェクト」

「シノプスシ236」
「はやり薬」(鳥羽 亮 著)文春文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年264冊目)「八丁堀吟味帳、鬼彦組」シリーズ第5弾

「雲」(坂岡 真 著)徳間文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年265冊目)「死ぬがよく候」シリーズ第5弾

「妖刀始末」(牧 秀彦 著)徳間文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年266冊目)「塩谷隼人江戸常勤記」シリーズ第2弾

「風草の道」(藤原 緋沙子 著)祥伝社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年267冊目)「橋廻り同心平七郎控」シリーズ第11弾

「情けの糸」(岡本 さとる 著)祥伝社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年268冊目)「取次屋栄三」シリーズ第11弾

「河内山異聞」(藤井 邦夫 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年268冊目)「乾蔵人 隠密秘録」シリーズ第4弾

「朋輩殺し」(小杉 健治 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年269冊目)「人情同心・神鳴り源蔵」シリーズ第3弾

「岡山の闇鳥」(鈴木 英治 著)徳間文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年270冊目)「若殿八方破れ」シリーズ第6弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です