「ベリーダンス」

トルコと日本との関係は明治時代にトルコの軍艦が和歌山県沖で台風のため座礁沈没した時に地元民が救助し、日本政府が後日軍艦でトルコまで生き残った軍人たちを運んだ時から始まる友好関係だ。その後、「日露戦争」でロシアを破った日本に対してトルコは憎いロシアを破ったことで溜飲を下ろし、ますます「日本贔屓」になったという。第一次世界大戦でドイツと共に戦い負けて、海外領土の大半を失ったトルコは第二次大戦では中立的立場ながら陰でドイツ、日本を応援したという。コンヤでも若者がやってきて「日本人が好きだから、一緒に写真を撮って欲しい」と言ってきてツアー客全員と写真を撮った。彼の耳にはなんと日本国旗のピアスがあったのには驚いた。さて、カッパドキアの「洞窟ホテル」にチェックインした。インターネットの環境が悪かったこれまでの旅だが、このホテルでは直ぐに接続でき、大変助かった。昨日のホテルは一時的には繋がったが、その後は全く繋がらなかった。あれで「五つ星」とは如何かと思った。
カッパドキアの夕食は「洞窟レストラン」でのベリーダンス付きディナーだったが、このレストランには前回にも訪れたことを思い出した。ショーはそれなりに楽しめたが、わがツアーメンバーは舞台に引き出され、皆頑張って踊っていた。さてダンサーの収入は月70?80万円と高い。普通の地元の人の月収は5万円程度だという。本日のホテルは所謂「洞窟ホテル」五つ星ホテルだ。洞窟とは言え、部屋をよく観てみると、切り出した石灰岩を積み、斜面に段々畑状に造られている。洞窟レストランは確かに洞窟を大きく広げたものだったが、このホテルは洞窟風ホテルというのが正しいのだろう。今はオフシーズンだから別だが、ハイシーズンの一番安い部屋の料金は一泊300ユーロ弱だそうだ。写真は3S会の私以外のメンバー二人がダンサーと踊っている姿だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です