「キトラ古墳壁画展」

「キトラ古墳壁画展」
テレビで知ったので上野の「国立東京博物館」に「キトラ古墳壁画展」を観に行った。ちょっと小さな展示会で展示物も少なかったが、明日香村で見つかった古墳の壁画が公開されるというまれな展示会なので興味深く観て来た。1400年前の古代のロマンを伝える見事なものだが、これも東西南北に「朱雀、白虎、玄武」や、十二支の「子」「丑」、天井には星座が描かれていたが、石室の壁に漆喰を塗り、その上に絵の具の極彩色は、当時の最高の文化芸術だったろうと想像出来る。それはそれは素晴らしいものだったが、時間の経過による劣化が著しく保存状態は必ずしもよくはない。大変残念なことではあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です