「池の鴨」

「池の鴨夫婦」
最近入居が終わった晴海にある高層マンションの入口付近に水深の浅い池がある。そこで二組の鴨の夫婦が泳いでいた。羽根を休めていたというべきなのか?だってこの池には餌となる魚はいないからだ。このマンション、大手不動産会社が建てた50階建ての超高層マンションで目の前にレインボーブリッジ、お台場、そして東京湾が望める晴海の一番海側の場所だ。完成したのが一棟、建設中が一棟、建て始めたのが一棟と三棟が最終的には建つ。すぐ傍がオリンピックの選手村と競技場だから東京オリンピックが決った途端に人気が鰻登りとなり一気に完売したと聞く。

「2014年の映画のお話し」  2013年は221本の映画を観ました。
映画「オー・ファーザー」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年85作目)
取りとめのない映画でした。荒唐無稽なお話し。

映画「ぼくたちの家族」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年86作目)
母親に脳腫瘍が見つかり余命1週間と言われた。夫と二人の息子ら家族はそれまで崩壊状態だったが、母の病気を期に纏まって行動し始めた。内容はいいのだが、結末がちょっと?

映画「マンデラ」(丸の内ルーブルにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)星★★★★(今年87作目)
昨年、訪れた南アでマンデラ氏が収監されていた島も観たので非常に感動した。
話しは変わるが、有楽町マリオンにあるこの劇場「丸の内ルーブル」が8月で閉館となる。東急系の映画館なのだが、日本橋にも新しい東宝系大型映画館がオープンしたし、単独での生き残りに見切りをつけたようだ。残念な結果だ。でもこれが映画業界の現状なのだろう。

映画「晴天の霹靂」(TOHOシネマ日本橋にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★★★(今年88作目)
タイムワープした冴えないマジック師が1978年で自分の父と母に逢い、真実を知るという物語だが、感動した。取り敢えず今年一番の映画とした。大泉洋がいい。

映画「カニバル」(ユナイテッドシネマ有楽町にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年89作目)
スペインに住む洋服仕立て屋の男性は若い女性を殺して食べてしまうという恐ろしい男。狙われた女性たちは次々と殺されるのだが、一人の女性に恋をしてしまう。果たして結末は?

映画「ラスト・ベガス」(角川シネマ有楽町にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年90作目)
まあ馬鹿馬鹿しいと言ってしまえばそれだけだが、70歳を超えた叔父さんたち4人がラスベガスで繰り広げる珍道中。面白かった。

日経新聞5月30日付け夕刊「シネマ万華鏡」の評価によれば、「罪の手ざわり」が4つ星、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」が4つ星、「M?MEN フューチャー&パシト」が3つ星、「ターニング・タイド」が3つ星、「ミスターGO!」が3つ星、「モンスターズ」が3つ星、「六月燈の三姉妹」が3つ星でした。

「私の去年2014年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、「青天の霹靂」
今年の★★★★は、「小さいおうち」「アメリカン・ハッスル」「ウルフ オブ ウォールストリート」「光にふれて」「ダラス・カーボウイズ・クラブ」「それでも夜は明ける」「あなたを抱く日まで」「世界の果ての通学路」「チョコレート・ドーナッツ」「プリズナーズ」「ウッドジョブ」「マンデラ」

「2014 旅の記憶シリーズ」
2014年の国内旅行は、第一回目は九州福岡と水俣(1月)、第二回目は能登(1月2月)。第三回目は長崎(三月)です。
2014年の海外旅行は、トルコ(1月、3度目)、台湾(2月、3度目)、シンガポール(3月、X度目?)です。

「2014 歌舞伎観劇シリーズ」歌舞伎座にて★★★「今年3回目」

「2014 本の記憶シリーズ」  2013年は本を350冊読みました。
「仕掛け蔵」(藤井 邦夫 著)双葉文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年126冊目)「日溜り勘兵衛極意帖」シリーズ第2弾

「雀の涙」(稲葉 稔 著)双葉文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年127冊目)「影法師冥府おくり」シリーズ第3弾

「当らぬが八卦」(風野 真知雄 著)祥伝社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年128冊目)「占い同心鬼堂民斉」シリーズ第1弾

「女難の相あり」(風野 真知雄 著)祥伝社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年129冊目)「占い同心鬼堂民斉」シリーズ第2弾

「短夜の髪」(澤田 ふじ子 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年130冊目)

「ルーキー」(堂場 瞬一 著)中公文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年131冊目)
「「刑事の挑戦・一之瀬拓真」シリーズ第1弾

「殺人ライセンス」(今野 敏 著)実業之日本文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年132冊目)

「烏の森」(矢月 秀作 著)廣済堂文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年133冊目)

「安南からの刺客」(佐伯 泰英 著)新潮文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年134冊目)「新・古着屋総兵衛」シリーズ第8弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です