「礼文のススキ」

「礼文のススキ」
秋を感じるようになってきた昨今だが、既に「礼文島」は秋だった。野原には「ススキ」が咲いていた。この島は風が非常に強いところだそうで低木しか木々はないので、ススキが一段と背が高く茂っているのが何とも言えず淋しさを感じさせた。9月8日は中秋の名月だ。晴れてくれることを祈るばかりだ。

「2014年の映画のお話し」  2013年は221本の映画を観ました。
映画「グレート・ビューティー」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年142作目)
ローマに住む初老の作家男性とその友人達の生きる姿を描く。

映画「ルパン三世」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年143作目)
マンガの劇画化。大したことないね。俳優が馬鹿に見えてしまう。

映画「ケープタウン」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年144作目)
昨年訪れたケープタウンの街の光景がたくさん出ていた映画だった。犯罪都市ケープタウンで新型の麻薬を開発した製薬会社と犯罪組織は黒人の子供を実験台にして次々と殺していた。それを探る3人の刑事たちの活躍を描く。非常に恐ろしい組織との戦いは?

映画「グレートデイズ」(TC日本橋にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年145作目)
フランスのお話し。障害者である息子が突然アイアンマン・トライアスロンに参加したいと言い出した。そして父と息子はチャレンジするのだが。ニースで行われたアイアンマンレースが凄い。

映画「NO」(ヒューマントラストシネマ有楽町にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年146作目)
1, 988年チリの軍事独裁政権を信任するかどうかの国民投票で反対派「NO」には一日15分だけのテレビ放映が認められた。そこでTVのCM製作者が15分のCMを作り、放送した。果たして選挙結果は?

映画「私は生きていける」(スバル座にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年147作目)
アメリカからイギリスの従姉妹たちを訪ねてきた17歳の女性。だがロンドンで核爆弾が爆発し第三次大戦が始まってしまう。ゲリラの攻撃を逃れながら彼女は元いた家に戻るのだが、そこで観たものは?

9月5日付けの日経新聞夕刊「シネマ万華鏡」の評価は、「郊遊 ピクニック」が4つ星、「イヴ・サンローラン」が3つ星、「イン・ザ・ヒーロー」が3つ星、「フライト・ゲーム」が3つ星、「ケープタウン」が3つ星、「NO」が4つ星、「さまよう刃」が3つ星でした。

「私の去年2014年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、「青天の霹靂」「超高速・参勤交代」「人生はマラソンだ」「ゴジラ」「なまいきチョベレンと水夫さん」「バルフィー」
今年の★★★★は、「小さいおうち」「アメリカン・ハッスル」「ウルフ オブ ウォールストリート」「光にふれて」「ダラス・カーボウイズ・クラブ」「それでも夜は明ける」「あなたを抱く日まで」「世界の果ての通学路」「チョコレート・ドーナッツ」「プリズナーズ」「ウッドジョブ」「マンデラ」「X?MEN」「グランド・ブタペスト・ホテル」「私の男」「パークランド」「マダム・イン・ニューヨーク」「怪しい彼女」「思い出のマーニー」「めぐり逢わせのお弁当」

「2014 旅の記憶シリーズ」
2014年の国内旅行は、第1回目は九州福岡と水俣(1月)、第2回目は能登(1月2月)。第3回目は長崎(3月)。第4回目は山形寒河江、青森白神山地、函館、第5回目は福岡、佐賀(6月)、第6回目は福岡、壱岐(7月)、第7回目は北海道(8月=3度目の利尻礼文)でした。
2014年の海外旅行は、トルコ(1月、3度目)、台湾(2月、3度目)、シンガポール(3月、X度目?)、フィンランド、ポーランド(6月、55&56ヶ国目)、アイルランド(7月、57カ国目)、デンマーク(58)、ノールウェイ、スウェーデン(59)フィンランドの北欧4カ国(8月、58&59カ国目)です。

「2014 歌舞伎観劇シリーズ」歌舞伎座にて★★★★「今年4回目」

「2014 本の記憶シリーズ」  2013年は本を350冊読みました。
「毒猿」(大沢 在昌 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年210冊目)「新宿鮫」シリーズ第2弾

「十六年待って」(今井 絵美子 著)角川文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年211冊目)「髪ゆい猫字屋繁盛記」シリーズ第3弾

「しかばね蘭」(大沢 在昌 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年212冊目)「新宿鮫」シリーズ第3弾

「宮中の華」(佐々木 裕一 著)二見文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年213冊目)「公家武者松平信平」シリーズ第10弾

「深川慕情」(岡本 さとる 著)祥伝社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年214冊目)「取次屋栄三」シリーズ第13弾

「長嶋少年」(ねじめ 正一 著)文春文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年215冊目)

「秋声のうつろい」(早見 俊 著)角川文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年216冊目)「小伝馬町牢日誌」シリーズ第3弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です