「恩師を囲む」

「恩師を囲む」
中学卒業50年目の今年、5クラス合同のクラス会が開かれた。恩師の方々も来られたが、写真は既に86歳になるK先生だが、春にもお目に掛かったが、数度の大病を乗り越えて元気にされているのが印象的だった。数学の先生で私は数学が得意だったので大変楽しい中学時代を過ごすことが出来たことを思い出した。

「2014年の映画のお話し」
映画「サボタージュ」(TCみゆき座にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年188目)
シュワちゃん主演の活劇。まあ殺しの場面と銃撃場面の連続だった。

映画「トワイライト ささらさら」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★★(今年189目)
若き落語家が妻と幼い赤ん坊を残して交通事故で死んだ。現世に未練があり成仏しかねて彼は色々な人に憑依して妻と子供を支えようとするのだが、、、、。涙、涙の映画でした。

映画「小野寺の弟 小野寺の姉」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年190目)
42歳の未婚の姉と33歳の独身の弟の二人家族の姉弟愛とそれぞれの生い立ちと恋愛を描く。

映画「マルタのことづけ」(シネスイッチ銀座にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年191目)
盲腸で入院した孤独な女性の隣のベッドにいたのが、不治の病に侵されていたマルタ。マルタの自宅に招かれた彼女はそこで初めて家庭の生活を味合う。最後にマルタが皆に残した言葉が印象的だった。

映画「デビルズ・ノック」(TCシャンテシネにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年192目)
1993年アーカンソー州で起きた3人の8歳の児童殺害事件をベースにして、如何にして警察、検察、判事が17歳の少年3人を犯人にでっち上げていったかを描く。

11月14日付けの日経新聞夕刊「シネマ万華鏡」の評価は、「6才のボクが、大人になるまで」が5つ星、「フタバから遠く離れて 第二部」が4つ星、「TATSUMI」が4つ星、「ショート・タイム」が3つ星、「デビルズ・ノット」が2つ星、「神さまの言うとおり」が3つ星、「花宵道中」が3つ星でした。

「私の去年2014年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、「青天の霹靂」「超高速・参勤交代」「人生はマラソンだ」「ゴジラ」「なまいきチョベレンと水夫さん」「バルフィー」「柘榴坂の仇討ち」「マダム・マロリーの魔法のスパイス」
今年の★★★★は、「小さいおうち」「アメリカン・ハッスル」「ウルフ オブ ウォールストリート」「光にふれて」「ダラス・カーボウイズ・クラブ」「それでも夜は明ける」「あなたを抱く日まで」「世界の果ての通学路」「チョコレート・ドーナッツ」「プリズナーズ」「ウッドジョブ」「マンデラ」「X?MEN」「グランド・ブタペスト・ホテル」「私の男」「パークランド」「マダム・イン・ニューヨーク」「怪しい彼女」「思い出のマーニー」「めぐり逢わせのお弁当」「フライト・ゲーム」「イン・ザ・ヒーロー」「ジャージー・ボーイ」「ひぐらしノ記」「ミリオンダラー・アーム」「祝宴!シェフ」「トワイライト ささらさら」

「2014 旅の記憶シリーズ」
2014年の国内旅行は、第1回目は九州福岡と水俣(1月)、第2回目は能登(1月2月)。第3回目は長崎(3月)。第4回目は山形寒河江、青森白神山地、函館、第5回目は福岡、佐賀(6月)、第6回目は福岡、壱岐(7月)、第7回目は北海道(8月=3度目の利尻礼文)、第8回目は長野と花巻(10月)でした。
2014年の海外旅行は、トルコ(1月、3度目)、台湾(2月、3度目)、シンガポール(3月、X度目?)、フィンランド、ポーランド(6月、55&56ヶ国目)、アイルランド(7月、57カ国目)、デンマーク(58)、ノールウェイ、スウェーデン(59)フィンランドの北欧4カ国(8月、58&59カ国目)、5度目のイタリア(9月)です。

「2014 歌舞伎観劇シリーズ」歌舞伎座にて★★★★「今年5回目」

「2014 本の記憶シリーズ」
「命で払え」(大沢 在昌 著)角川文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年281冊目)
「アルバイト・アイ」シリーズ第1弾

「大奥騒乱」(上田 秀人 著)徳間文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年282冊目)
「伊賀者同心手控え」シリーズ第1弾

「鷹の巻 安囲いの女」(金子 成人 著)小学館文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年283冊目)「付添い屋六平太え」シリーズ第3弾

「まぼろしの声」(藤村 与一郎 著)コミック時代文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年284冊目)「落ちぶれ同心と将軍さま」シリーズ第1弾

「蜂の一刺し」(藤村 与一郎 著)コミック時代文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年285冊目)「落ちぶれ同心と将軍さま」シリーズ第2弾

「想い笛」(藤村 与一郎 著)コミック時代文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年286冊目)「落ちぶれ同心と将軍さま」シリーズ第3弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です