「数寄屋橋の桜」

「数寄屋橋の桜」
旧東芝数寄屋橋ビルの改築が着々と進む数寄屋橋交差点。交番裏にも桜が咲いていた。ここは有名な「西銀座チャンスセンター」のあるところだ。宝くじの発売時期になると長蛇の行列が出来るのでも有名だ。日本一宝くじが売れる場所だから当然ながら当たり籤も日本一の数になる。単純な確率の問題だ。東急不動産が開発中の旧東芝ビルには免税品専門の大型電器店が入るらしい。免税で面白いのは「有楽町イトシア別館」の一階の大手のドラッグストアが開店した。元々眼鏡屋さんが入っていたが撤退してオープンしたのが、免税の看板を掲げたドラッグストア「M」だった。だがその斜め目の前にその同じ店が既に入っているのだ。同じ店が10mも離れていないのに2軒目を新規オープンさせるとは、驚きだが、それだけ需要が見込めるということなのだろう。勿論狙いは「中国人観光客の爆買い」だろう。同じ物が中国国内で売られていても、敢えて日本で買い求めるという心理。よほど自国の商売を信用していないらしい。「近くて遠い国中国」、民間の普通の人たちには日本に対する違和感があっても、良い品物は万国共通なのだろう。日本人も中国人の期待を裏切らないように誠心誠意誠実な商売をして下さいね。
以上、満開の東京から勢古口がお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です