「四代目中村雁次郎襲名披露」

「四代目中村雁次郎襲名披露」
四月大歌舞伎は中村雁次郎襲名披露だった。上方歌舞伎と江戸歌舞伎の違いは、上方は実力主義で名跡を血筋に関わらず実力のある者に継がせるが、江戸では基本的に血筋を大切にしているという。四代目雁次郎は坂田藤十郎と扇千景の息子だというからこれは血筋通りの襲名だ。上方歌舞伎の面々が大勢現われ中々の襲名披露だった。まあ東西の違いの一つだが、江戸歌舞伎は伝統を守り、所作も代々続けて行くが、上方歌舞伎は独創性を尊重し、代が変われば継承するものと新しくしていくものを両方並行して新しい歌舞伎にしていくということらしい。伝統を頑なに守るのも正しいし、新しい息吹を入れるのもこれまた正しいと思う。

「2015年の映画のお話し」
映画「カイト」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年58作目)
近未来の無法地帯で両親の復讐を行い少女が戦う。残酷過ぎます。

映画「ソロモンの偽証 後半 裁判」(丸の内ピカデリーにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★★(今年59作目)
結果からすると何だ、こんなものかという話しになるが、それでも2時間以上の長い映画をよく持たせたものだとへんな感心をした。まあ楽しめた。

映画「JIMI」(有楽町スバル座にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年60作目)
伝説のロック・ギタリストの素顔を描く。1960年代後半の音楽界を映し出していたが、薬中毒、誰とでも寝る男、天才ギタリストの黒人、天才とはこんなものなのだろう。私には理解出来ない人物だった。

映画「マジック・イン・ムーンライト」(丸の内ピカデリーにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年61作目)
南仏の避暑地に霊能者の女性が現われたという。友人からの誘いでマジシャンの男が霊能者の嘘を暴くということで訪れた。しかしその霊能者の美人女性は次々とマジシャンの過去を言い当てる。マジシャンは恋の落ちるのだが、実は?面白かった。

映画「ギリシャに消えた嘘」(ヒューマントラストシネマ有楽町にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★★(今年62作目)
1962年のアテネを舞台にして、アメリカから逃れてきた金融詐欺犯夫婦を現地でガイドするアメリカ人青年。だが思わぬことで殺人事件に巻き込まれてしまう。サスペンス調の展開が面白いし、結末も非常に面白い。ぜひご覧あれ。

映画「ワイルドスピード スカイミッション」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年63作目)
4DXを初めて体感した。座席が動いたり風が吹いたりと激し過ぎて疲れた。お話しはカーアクションと銃撃戦でした。

日経新聞4月17日夕刊の「シネマ万華鏡」の評価によれば、「セッション」が4つ星、「ザ・トライブ」が4つ星、「ワイルド・スピード スカイミッション」が3つ星、「ゴッド。ライ」が3つ星、「アルプス 天空の交響曲」が3つ星、「あっちゃん」が4つ星、「ナオトひとりっきり」が3つ星でした。

「私の去年2015年の映画の評価は?」あくまで私の私感ですからね!!
今年の★★★★★は、「ドラフト・デイ」「アメリカン・スナイパー」「博士と彼女のセオリー」「中島みゆき」
今年の★★★★は、「ゴーン・ガール」「トラッシュ」「スパイ・レジェンド」「アゲイン、28年目の甲子園」「おみおくりの作法」「ビッグ・アイズ」「KANO」「深夜食堂」「シェフ」「パリよ、永遠に」「ソロモンの偽証」「くちびるに歌を」「イミテーション・ゲーム」「バードマン」「ギリシャに消えた嘘」

「2015 旅の記憶シリーズ」
2015年の国内旅行は、1月に福岡(博多)、大分(中津)、佐賀(武雄温泉)、岐阜(白川郷、)、富山(五箇山、氷見、高岡)、新潟(越後湯沢)、3月は長野(長野)、千葉(銚子)を訪れました。

2015年の海外旅行は、2月のアメリカ(ハワイ)、3月のウズベキスタン(61カ国目)でした。

「2015年 歌舞伎観劇シリーズ」第1回目=2月大歌舞伎(歌舞伎座)、
第2回目=4月大歌舞伎(歌舞伎座)は、夜の部で「梶原平三誉石切」、「成駒家歌舞伎賑、木挽町芝居前の場」、「心中天網島、河庄」でした。

「2015 本の記憶シリーズ」
「夢を売る男」(百田 尚樹 著)幻冬舎文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★★(今年94冊目)
出版界で自費出版に近い形で小説家希望者を騙す手口巧妙な男たちの物語。さすがベストセラー作家だけに面白かった。このお話しは実際にあった話しだという。

「生き恥」(藤井 邦夫 著)文春文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年95冊目)
「秋山久蔵御用控」シリーズ第23弾

「執着」(堂場 瞬一 著)角川文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年96冊目)
「捜査一課・澤村慶司」シリーズ

「夢幻」(佐伯 泰英 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年97冊目)
「吉原裏同心」シリーズ第22弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です