「手前勝手世界食物語、第231話」

「ながさきのちゃんぽん麺」
東京虎ノ門の近くに小さな店がある。それが「ながさき」という店。この店はその名の通り、長崎名物の「ちゃんぽん麺」と「皿うどん」専門店だ。なぜこの店を知っているかと言うと、その昔、コンクリート杭のメーカーに勤務していた時にこの店の近くに業界の協同組合があり、毎週月曜日には会合があるものだから、その時に昼食に立ち寄ったことから知るようになった。私は「ちゃんぽん麺」が大好きで、勿論九州に行けばかならずどこかで食していた。栄養のバランスもよく、腹持ちもするし、当然美味しいし、安い。ラーメンを食べるよりはヘルシーだと思うから、好んで食べる。その昔、長崎で出来たというこのちゃんぽん麺は、やはり中華料理の影響を色濃く残している食事なのだろう。肉に魚介類、野菜と本当に上手く具材を集めたものですね。
以上、勢古口が東京からお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です