「歌舞伎座 再オープン」

2月25日にはビル自体は完成し、いよいよ4月から「GINZA KABUKIZA」の杮落としが始まる。4月から6月までは3部興行だ。伝統芸狽フ歌舞伎を観るのは楽しい。

「アカデミー賞発普v
作品賞=「アルゴ」
主演男優賞=「ダニエル・デイ・ルイス」(リンカーン)
主演女優賞=「ジェニファー・ローレンス」(世界にひとつのプレイバック)
監督賞=「アン・リー」(ライフ・オブ・パイ)
脚本賞=「ライフ・オブ・パイ」
助演男優賞=「クリストフ・ワルツ」(ジャンゴ)
助演女優賞=「アン・ハサウェイ」(レ・ミゼラブル) 等々

2013年の映画のお話し
映画「世界にひとつのプレイバック」(日比谷シャンテシネにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年31作目)
如何にもアメリカ的な話題ばかり。地元プロ・フットボールチームに熱狂する父親、離婚寸前の主人公と若い未亡人が挑むダンス大会等々、社会の縮図を描いたもの。最後は賭けの勝負となるのだが?「アカデミー主演女優賞」獲得作品。

映画「ダイハード ラストデイ」(日劇にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★(今年32作目)
まあ、ようもお金を掛けて車を潰したなあという実感の映画でした。最期には「ヘリコプター」まで壊した。でもつまらなかった。シリーズもここまで来るとネタがないといった感じだ。

映画「故郷よ」(銀座シネスィッチにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年33作目)
1986年4月25日とは?チェルノブイリ原発事故の日だ。原発から3km離れた町で暮らしていた人々とその後の10年を描く。放射狽フ恐ろしさを教えてくれる。

映画「草原の椅子」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年34作目)
離婚した独身男性と大学生の娘がいる家庭に4歳の少年が突然飛び込んでいた。母親からは沫ヘを振るわれ、父親は子供を投げ出した哀しい宿命を背負った少年。彼等を巡る人間関係の末に彼等はパキスタンの田舎へと旅する。そこで観た自然の美しさに心を現れる人々。なかなかいい映画でしたよ。

映画「かぞくのくに」(ユナイテッドシネマ豊洲にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年35作目)
25年ぶりに北朝鮮から息子が日本に帰ってきた。息子は41歳、脳腫瘍の疑いがあり日本で治療をするための3ヶ月間の一時帰国だった。そこで起こる在日朝鮮人家族、それを囲む朝鮮総連、北の監視員たちの織り成すドラマが実に現実的に描かれている。徐々になぜ息子は北朝鮮に行ったのか?が徐々に分かってくる。恐ろしいドラマだった。

日経新聞3月1日夕刊「シネマ万華鏡」によれば、「ジャンゴ」が4つ星、「野蛮なやつら」が4つ星、「フライト」が3つ星、「ダークホース」が3つ星、「すーちゃん、まいちゃん、さわ子さん」が2つ星、「インターミッション」が3つ星、「わすれないふくしま」が3つ星でした。

「私の去年2013年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、
今年の★★★★は、「シェフ」「アルバート氏の人生」「ライフ オブ パイ」「東京家族」「ムーンライズ・キングダム」

「シノプスシ210」
「田沼の置文」(藤井 邦夫 著)光文社文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年58冊目)「乾 蔵人 隠密秘録」シリーズ第2弾

「黄金の峠」(井川 香四郎 著)徳間文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★(今年59冊目)「あばれ旗本御用斬り」シリーズ第1弾

「悲愁の剣」(佐伯 泰英 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年60冊目)「長崎絵師通吏辰次郎」シリーズ第2弾

「用心棒血戦記」(鳥羽 亮 著)徳間文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年61冊目)

「青猫騒動」(早見 俊 著)学研文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年60冊目)「婿同心捕物控え」シリーズ第5弾

「切開」(上田 秀人 著)角川文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年61冊目)「阜苳ヤ医診療・vシリーズ第1弾

「久留米の恋がすり」(鈴木 英治 著)徳間文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年62冊目)「若殿八方破れ」シリーズ第5弾

「婿殿懇願」(牧 秀彦 著)双葉文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年63冊目)「婿殿」シリーズ第8弾

「薄毛の秋」(風野 真知雄 著)双葉文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年64冊目)「若さま同心徳川竜之助」シリーズ第3弾

「守り刀の声」(鈴木 英治 著)双葉文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年65冊目)「口入屋用心棒」シリーズ第25弾

「返り討ち」(岡本 さとる 著)ハルキ文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年66冊目)「剣客太平記」シリーズ第6弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です